2万年後の地球が舞台

本作では人類はゴジラとの戦いに敗れ、選別された一部の人間だけが宇宙へ脱出したという設定です。ところが、たどり着いたくじら座タウ星eは人類の生存には適しておらず、彼らは地球へ引き返すことに。
しかし、地球では2万年の年月が経過しており、人類にとっては未知の世界となっていたのです。
近未来が舞台の『怪獣総進撃』や、23世紀人が登場する『ゴジラVSキングギドラ』といった作品はありましたが、ゴジラシリーズでここまで遠い未来の世界が描かれるのは初めてのことです。

今度のゴジラは植物?

『GODZILLA -怪獣惑星-』に登場するゴジラは植物を起源とする生物という設定です。確かに、2万年という長い年月を生きられる生物ということを考えれば動物よりも植物とした方が自然かもしれません。
樹木が絡み合ったような体表や葉のような背びれなど、外見からも植物らしさが感じられます。その一方で顔つきはどこか優しげでおじいちゃんっぽさがあります。
新たなゴジラはどのような暴れっぷりを見せてくれるのでしょうか。

ゴジラ以外の怪獣は出るの?

『シン・ゴジラ』も名作でしたが、怪獣同士のバトルが好きな人からすれば物足りなさがあったかもしれません。
ゴジラの亜種である「セルヴァム」の情報が公開されていますが、「怪獣惑星」と付いているくらいですから、ゴジラ以外の怪獣の登場も期待したいところです。
過去の怪獣がリメイクされるのか、それともまったく新しい怪獣が登場するのか、今から楽しみですね。

関連するまとめ

GWは映画で決まり!子供と一緒に大人も楽しめるアニメ映画特集

小さい子供がいるようなご家庭はなかなかGW中の遠出は難しかったりしますよね。そんな時におすすめなのが映画です…

あり

現在は入手困難なガンダムシリーズのプラモデル

絶版などによって現在は入手の難しくなったガンダムシリーズのプラモデルを集めてみました。

あり

復活の噂も時折見られるホンダインサイトの最終型と今後について

ホンダインサイトは初代が2ドア、2代目が5ドアハッチバックのハイブリッド車で、2代目は低価格路線で一定のヒッ…

茶々子

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング