猪はイノシシのことではない?

中国語では、猪をジュウと発音します。意味は、豚です。また、肉(ロウ)も豚を指す言葉です。日本で最もメジャーな肉といえば、牛肉でしょう。それなのに、中国語では肉と書いて、豚を表すので、紛らわしいですね。だからこそ、知っておくと他の人と差がつくポイントでもあります。

ちなみに、イノシシは、野猪と書き、イェジュウと読みます。牛と鶏は簡単です。それぞれ、牛(ニウ)と鶏(ジー)です。

揚げものや煮物はどう書くのか?

揚げものは、炸(ジャー)と表記します。日本でもお馴染みのジャージャー麺は、炸醤麺と書きます。発音は少し異なり、ジャージアンミエンです。2文字目の醤は、しょうゆのショウの字です。

煮物は、焼(シャオ)です。豚と同様、日本人にとって紛らわしいのですが、煮(ジェン)と書くと、焼きものの意味になります。つまり、煮物と焼きものが、きれいに入れ替わっています。

中華料理もこれで完璧?!

青椒(チンジャオ)はピーマンのことです。絲(スゥ)は、細切りのことです。糸を横に2つ並べて絲と書きます。ここまでくると、あの有名な中華料理の書き方と意味が判明しますね!つまり、青椒肉絲で、チンジャオロウスゥと発音します。ピーマンを細切りにして、豚肉を炒めたあの料理のことです。ちなみに、薄切りは、片でピェンと読みます。スープは湯(タン)です。

中華料理屋の定番料理として、みかけることの多い中国語を中心にまとめました。日本人にとっては、お目にかかる頻度が高いだけあって、知っておくのがおすすめです!

関連するまとめ

狭いキッチンでも大丈夫!コンロ周りに収納スペースを設けてスッキリ片付けよう!

キッチンは沢山のものがあってごちゃっとなりやすいですね。狭いとなおさら収納にこまります。しかしちょっとした工…

まとめマスター

寿命が長いペット3選

寿命が長い日本で飼うことができる3種類の動物を紹介します。

動物の森

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング