日本一のヒーロー俳優

ヒーローを演じた役者と言われて、多くの特撮ファンが真っ先に思い浮かべるのが宮内洋さんでしょう。『仮面ライダーV3』の風見志郎を筆頭に、『秘密戦隊ゴレンジャー』の新命明(アオレンジャー)、『ジャッカー電撃隊』の番場壮吉(ビッグワン)など、数々のヒーロー番組で活躍してきました。『超力戦隊オーレンジャー』や『特警ウインスペクター』では、ヒーローを導く指揮官役を演じています。
中でも『快傑ズバット』の早川健ははまり役で、キザでありながらイヤミにならない、何をやっても日本一の早川を演じられるのは宮内さんだけでしょう。

大葉健二のアクションが凄い

大葉健二さんの代表作と言えばやはり主人公の一条寺烈を演じた『宇宙刑事ギャバン』でしょう。その他に『バトルフィーバーJ』で曙四郎(バトルケニア)、『電子戦隊デンジマン』では青梅大五郎(デンジブルー)を演じており、『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』ではこの3人が一堂に会するというファン感涙のシーンがありました。
JAC所属でスーツアクターとしても活躍していた大葉さんの魅力の一つは、そのキレッキレのアクションです。ギャバンの15話「幻?影?魔空都市」と41話「魔空都市は男の戦場 赤い生命の砂時計」は大葉さんのアクションを存分に楽しめるエピソードです。

昭和の特撮ヒーローを代表する子役

最後に紹介するのは金子吉延さんです。子役として『仮面の忍者 赤影』に青影役で出演しており、「だいじょ~ぶ」という決め台詞とポーズが印象に残っている方もいるでしょう。『河童の三平 妖怪大作戦』では主人公の三平を演じました。
金子さんは既に俳優を引退していますが、オフィシャルサイトのブログで元気な姿を見せてくれています。

関連するまとめ

ロケット団のソーナンスは、いつから居るの?

大人気アニメ『ポケットモンスター』で主役に負けじと活躍している、ロケット団。 その一員として活躍しているメン…

sai

ウッチャンナンチャンの内村光良さんが出演していたドラマ!

MCや映画監督して活躍中のウッチャンナンチャンの内村光良さん! 実はこれまでに多くのドラマにも出演してきまし…

sai

昔はよく捕まえたアメリカザリガニを飼ってみよう

アメリカザリガニは、昭和の初めにアメリカから日本にやってきて以来、あっという間に日本全国に繁殖し、定着しまし…

rrra

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング