大きな腕で獲物を捕えるウデムシ

ウデムシは平たい体と長い脚が特徴的な節足動物です。「ウデムシ」の名の由来となったのがトゲが生えた大きな触肢で、これで昆虫などの獲物を捕えます。
ちなみに、生まれたばかりの子どもはメスの背中に乗って生活するという習性があります。虫が嫌いじゃない方にとっては中々に微笑ましい光景だと思います。

ヒヨケムシは人を咬むことも?

世界三大奇虫の中でも特に活発かつ攻撃的な性質を持つのがヒヨケムシで、巨大な狭角を武器に昆虫だけではなく小鳥やネズミを捕食することもあります。
咬まれると吐き気や目眩が起こることがあり、これは雑菌によるものだと言われていますが、毒を持つ種類が存在するという説もあります。いずれにしろ、日本には生息していないので咬まれる心配はまずないでしょう。

日本にもいるサソリモドキ

サソリモドキ(ビネガロン)は世界三大奇虫では唯一、日本にも生息しています。八重山諸島に生息するのがタイワンサソリモドキ、九州南部及び沖縄に生息するのがアマミサソリモドキです。
サソリと違って毒針を持つわけではありません。しかし、肛門腺から噴出される液体が皮膚に付着すると炎症を起こすことがあります。

関連するまとめ

山形県ってどんな所?わかりやすくまとめて見ました山形県!

山形県とは一体どんなところ?そう思っている方に、山形県がどのような県かを紹介します。

旅人

自宅用に買って帰ろう!韓国土産おすすめ3点

旅行に行くと必ず付き物なのがお土産。職場や友人へのお土産ももちろんですが、家族用にもお土産を買って帰りたいで…

大阪のみさぽ

京都市伏見区にある伏見稲荷大社の魅力とは

1300年以上の歴史を持ち、多くの人の信仰を集めている古社、伏見稲荷大社について紹介します。

筆人

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング