夜や特に寝る前などに何かを食べてしまうと太りやすくなるため、寝る前に食事をするのは控えるべきですよね。しかし、空腹状態のままで寝ようとするとなかなか眠れなかったり、空腹でストレスが溜まってしまいますよね。そこで今回は、夜寝る前におなかが減って来た時にでも食べても大丈夫な食べ物を紹介したいと思います。

1.おなかが減ると眠れなくなる理由

良い睡眠をとるためには夕食を寝る3時間前には済ませておく必要があります。なぜなら、胃の中に食べ物が残っていると、就寝中に委が活動してしまうため、体が休むことができず、睡眠も浅くなってしまいます。しかし、空腹状態では血糖値が低下するので、脳が覚醒状態になってしまうため安眠が難しくなってしまいます。ですので、寝る前には食べないほうがいいものの、脳をリラックスさっせるためにはある程度食べた方がいいということです。

2.寝る前に食べてもいい食べ物

寝る前に食べてもいいものの条件としては、低カロリーであることや消火にいいものであることがありますが、さらにいいものとして、寝ている間に女性ホルモンのバランスを整えてくれるトリプトファンという必須アミノ酸を摂取できる食べ物もおすすめです。具体例としては、うどん・そば、ナッツ類、バナナ、ヨーグルトなどがおすすめです。

3.寝る前に食べてはいけない食べ物

 寝る前に食べないほうがいいものとしては、体を冷やす食べ物や、胃腸に負担をかけるものといわれています。例えば、糖分が多量な物や、油分が多い物、アルコールやカフェイン飲料といわれています。こういった食品や飲み物は控えましょう。

関連するまとめ

それって本当にただの腹痛!?もしかしたらヤバイ症状かもしれませんよ!

子供が腹痛を訴えているけど、子供は大丈夫と言っている。 なので、こんな時はよくある腹痛だとか普通の下痢だろう…

rrra

冬に気になる乾燥と肌荒れ!

冬は何かと肌荒れが気になる季節ですね。 肌荒れの原因と改善のポイントとは?

冒険王

汚肌になっちゃう?!やってはいけないデイリーケア

あなたが肌のために良かれと思ってやっているデイリーケア、もしかしたら美肌を損ねる原因になっているかもしれませ…

スカッとじゃぽん

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング