元々は小説だった

『機動戦士ガンダムUC』は元々は福井晴敏氏による小説で、「ガンダムエース」に連載されました。福井氏は多くのガンダム作品を手掛けた富野由悠季監督のファンであり、『∀ガンダム』のノベライズを担当したこともあります。
2010年から2014年にかけてOVAがリリースされ、劇場公開も行われました。また、2016年には再編集版がテレビ放送されています。

『逆襲のシャア』の後の物語

ガンダムUCの舞台となるのは宇宙世紀0096、アムロとシャアの最後の戦いが描かれた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の3年後という設定です。
主人公のバナージ・リンクスは謎の少女オードリー・バーンを助けたことをきっかけに、地球連邦を覆す存在と言われる「ラプラスの箱」を巡る戦いに巻き込まれていくことになります。

魅力的なモビルスーツたち

ガンダムUCの魅力の一つに、とにかく色々なモビルスーツが出てくるという点があります。ズゴックやドラッツェ、バウなど過去作に登場した機体や、ゾゴックやジュアッグといったMSV系の機体が新たな作画で見られるのですからシリーズのファンとしては興奮せずにはいられません。
連邦系の機体ではクシャトリヤ相手に善戦したスターク・ジェガン、トリントン基地でジオン残党相手に大暴れしたバイアラン・カスタムが強い印象を残しました。

関連するまとめ

ジャック・ニコルソンが出演しているおすすめ映画5選

アカデミー賞受賞経験もある名俳優ジャック・ニコルソンが出演しているおすすめ映画を紹介します。

筆人

スーパー戦隊シリーズ出演後、声優として活躍している役者

スーパー戦隊シリーズはかつてはオールアフレコでした。現在でも変身後のシーンなどはアフレコですから、通常のドラ…

筆人

スマホゲーム「ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス」の紹介です

人気ゲームメーカースクウェア・エニックスが送るスマートフォン向けRPG「ファイナルファンタジーブレイブエクス…

世界の雑学王

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング