黄体ホルモンの影響

別名、プロゲステロンとも呼ばれる黄体ホルモン。この黄体ホルモンが便秘になる原因の一つです。
と言うのも、黄体ホルモンによる作用で体内に水分を貯めこもうとし、腸の水分量が減ってしまいます。そのため、普段よりも硬い便になり、便秘となるのです。
また、この黄体ホルモンは腸とつながっている自律神経に影響を与え、腸の動きを抑えてしまい、便秘を促してしまう働きを持っています。

妊娠で大きくなった子宮に腸が圧迫される

妊娠中、大きくなるお腹も便秘の原因になります。
急激にお腹が大きくなる妊娠後期になると、胎児が胃や腸などの消化器官を圧迫します。それにより腸の働きが鈍くなり、そして便の動きも悪くなり便秘になります。当然、お腹が大きくなるほど悪化していきます。

マタニティ・ブルー

身体的・精神的なストレスも便秘につながる原因です。
妊娠中はどうしても身体的にも精神的にも負荷がかかることがたくさんありますよね。母体にストレスがかかり心身が不安定になると、黄体ホルモン同様に自律神経に影響を及ぼします。そのため、ストレスがかかった状態では腸の動きが鈍くなってしまい、便秘に陥るのです。

まとめのことば

いかがでしたでしょうか。
便秘で辛いけど、原因が分からないという方も多かったのではないでしょうか。
他には、妊娠中どうしても減ってしまう運動量も便秘と関係しているようです。とは言え、妊娠中でお腹が大きい時期は激しい運動は厳禁ですので、軽めのお散歩やマタニティヨガ、マタニティスイミングなど、適度な運動をして便秘解消に努めましょうね。

関連するまとめ

出産に向けた準備!ベビーベッドの選び方は?

妊娠進むにつれて様々なものを準備していきますが、中でもベビーベッドのような大型のものはお値段もするし、スペー…

ボニー

妊活で、タイミング法からステップアップした、人工授精とは

最近は、初婚年齢も高くなっていき、妊活が当たり前の時代になってきています。 学校では習わなかった、人工授精に…

ハムスター

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング