受精卵が子宮内腔以外の場所に着床

受精卵が子宮内腔(いわゆる子宮の中)以外の場所、例えば卵管や卵巣、子宮頸管などに着床してしまうことを「子宮外妊娠」と呼びます。そのうち98%以上は卵管に着床するケースで、
これは全妊娠のうち0.6%から1%未満ほどの確率で発生するといわれています。

子宮外妊娠の場合でも、妊娠反応は陽性となり、つわりが起きることがあります。妊娠反応をチェックするため市販の検査薬を使用する人が多いかと思いますが、
この検査薬で判明するのは「妊娠しているかどうか」ということであり、つまりその妊娠が正常な状態でできているかどうか、という事はわかりません。
陽性のサインが出たことで安心してしまって、産婦人科で診断をしてもらうことを怠ったり遅らせたりしてしまうと、子宮外妊娠の場合は非常に危険な状態となります。
妊娠検査薬で陽性と出た場合は早めに産婦人科に行ってしっかり診断・検査をしてもらいましょう。

治療方法は?

子宮外妊娠と診断された場合は、早めの処置が必要です。最も多い卵管妊娠の手術では、その部分を切除する手術を行う場合もあれば、卵管を残す保存手術の場合もあります。
どのような処置をしなければならないか、は、子宮外妊娠の状態によって様々ですが、たとえ一方の卵管を切除したとしても、もう片方の卵管が正常に動作していれば、
残った卵管でまた妊娠することができます。

次の妊娠で問題がなければ、赤ちゃんへの影響は心配しなくてもよいと思います。早めに診断、早めの処置を心がけましょう。

関連するまとめ

子供が使う”学習机”を選ぶポイントとその使い方!

子供が小学生になるあたりに、必ずどの家庭でも購入することになる学習机。その学習机の使い方のポイントをまとめて…

赤ちゃんがハイハイを始めたら、安全対策をしましょう

生まれたばかりの頃は寝てばかりだった赤ちゃんも、生後7、8カ月になるとハイハイをして家の中を動き回るようにな…

リカ

意外と貴重!日本全国の専修大学の付属高校!

みんなが憧れる専修大学!なかなか受験で入るのが大変です。 それなら附属高校に!そんな考えの方もいらっしゃると…

筆人

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング