水は100℃で沸騰して気体になる、と小学校で習ったことがありますよね。
でも、雨が降った後の水たまりは、晴れてしばらくすると消えています。
水は100℃にならなくても、少しずつ気体になっているんです。
この水の表面から少しずつ気体になっている状態を「蒸発」と言います。
そして、水は温度が高いと気体になるスピードが速くなります。
水に熱を加え100℃になると、表面からだけでなく内側からも気体になります。
これを「沸騰」と言います。
結果として気体になることは同じなのですが、過程が違うんですね!

先ほど水は100℃で沸騰すると言いましたが、実は空気の重さによってその温度は変わってきます。
空気は、海面の高さに近いところほど重くなり押さえつける力が強くなります。
反対に、山の上などの高いところへ行くほど空気は軽くなり、押さえつける力が弱まります。
これを「気圧」と呼ぶのですが、この気圧が低いと、空気が水を押さえつける力が弱くなるので水は蒸発しやすくなるのです。
富士山の頂上では87℃くらいで沸騰する水も、エベレストの頂上では70℃くらいで沸騰するのはこのため。

では、気圧が高い状態とはどういったことでしょうか?
身近な例を上げると、圧力鍋です。
隙間をなくし蓋をしめて空気を閉じ込めることで、人工的に気圧を高くしたものが圧力鍋。
圧力鍋では、120℃くらいしないと水は沸騰しません。
高い温度で沸騰することによって、短い時間で食べ物に火を通すことができるのです。

漢字で書くと「蒸発」「沸騰」「気圧」と難しそうなイメージを与えますが、私たちの身近に存在していたんですね!

関連するまとめ

ストレス社会だからこそ!ストレス発散をしよう!

ストレスを発散したいけれど、時間があまり取れないという方も多いのではないでしょうか。そこでお家で出来るストレ…

ペニー

キャッシング返済の実質年率とは

利用する際は、金融商品の実質年率の確認が必須です。 実質年率方式の弱点は計算が非常に煩雑なことです。手計算で…

flower

知っておいて損なし!日本の三大中華街まとめ

日本国内の大都市には中華街と呼ばれる街があります。 三大中華街についてまとめました!

日本大好き

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング