とにかく人数が多いグランセイザー

超星神シリーズ第1作『超星神グランセイザー』の特徴は、ヒーローの人数が多いということです。「炎」「風」「大地」「水」という4つのトライブに分かれており、それぞれに4人のヒーローがいるので総勢12名という大所帯です。
最初はトライブ同士で対立することもありましたが、最終的には力を合わせて地球の危機に立ち向かいました。

ジャスティライザーと言えばデモンナイト

グランセイザーでは流石に人数が多すぎると思われたのか、2作目の『幻星神ジャスティライザー』ではヒーローの数が3人とかなり減りました。
その他にデモンナイトというライバルキャラが登場するのですが、彼は本当はリゲルという正義の戦士であり記憶が奪われ敵に操られていただけだったのです。やがて記憶を取り戻しジャスティライザーの味方になるのですが、テロップが「デモンナイト」のままだったことが視聴者にネタにされたりしました。

敵キャラクターが魅力的なセイザーX

超星神シリーズの最終作『超星艦隊セイザーX』を語る上で外せないのが宇宙海賊デスカルの火将軍ブレアード、水将軍アクアル、風将軍サイクリードです。彼らは当初敵として登場するのですが、その人間臭い魅力的なキャラクターやコミカルな言動が視聴者の心を掴みました。
ちなみにシリーズでは唯一、主人公のカラーが赤ではなく黄色です。

関連するまとめ

沢尻エリカ、ノーブラドレスでハプニング多発「叫んで踊って笑って泣いて大騒ぎ」

芸能ニュース!! 【沢尻エリカ/モデルプレス=3月24日】女優の沢尻エリカが23日放送のバラエティ番組「ダウ…

けものフレンズのスマートフォンゲームアプリが配信決定!?今後の動きに注目!【随時更新…

2017年にアニメで放送されて話題となった「けものフレンズ」が新しくなってスマホゲームアプリで復活!?

ゲーム情報まとめ

あまりにも危険すぎるドラえもんのひみつ道具

『ドラえもん』には1000を超えるひみつ道具が登場していますが、中には危険なものも少なくありません。

rrra

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング