襟裳岬は風の岬

北海道を南北に連なる「日高山脈」は中央部では2000mを超える高さになり、南へ少しずつ高度を下げて、襟裳岬で太平洋に沈みます。その襟裳岬は高い崖になっており、更に岬の沖合に岩礁が連なっています。まさに襟裳岬は、日高山脈の造山運動の末端を見ることができる場所になっています。

襟裳岬はちょうど山がなくなる場所なので、山に遮られた風が抜ける場所になっており、1年中強い風が吹いています。ここには「風の館」という施設があり、ここから襟裳岬を眺めることができますし、風を体験するコーナーや、襟裳岬周辺に生息する「ゼニガタアザラシ」の写真など、楽しめる展示物が用意されています。

風が強くて外にいるのが大変な日は、風の館で襟裳岬を楽しむことをおすすめします。

えりも町は海の幸の宝庫

「えりも町」は海の幸が豊富で、特に「毛ガニ」と「ウニ」が有名です。そして襟裳岬には「えりも岬観光センター」がありますので、これらを中心とした海産物を堪能することができます。また、えりも町は「ツブ貝」も名産であり、えりも岬観光センターではツブの入った「えりも岬名物ラーメン」を食べることが出来ます。このラーメンは、ツブだけでなく、タラバガニの足やタコ等が入っている豪華な海鮮ラーメンです。海の幸の出汁が効いていて、おいしいです。

ここまで襟裳岬の食事を紹介しましたが、えりも町市街地の食堂でも、海産物を生かした食事ができます。ぜひ足を運んでください。

百人浜でのんびりすごそう!

襟裳岬から東側は、長い砂浜が続きます。「百人浜」と呼ばれています。この砂浜は、何もなく続いている場所ではありますが、「百人浜オートキャンプ場」があります。北海道観光の中継点として、非常に良い立地にあります。ここから道央、道東のどちらかへ観光に向かうのが便利で、人気のあるキャンプ場になっています。

ツーリングの人には、ぜひ利用して頂きたいキャンプ場で、おすすめです。

襟裳岬 まとめ

いかがでしたか?。襟裳岬は、実は見どころ満載なところに驚かれた人も多いかと思います。確かに、主要都市から離れた場所にあり、太平洋側にしては行くのに少し大変な場所かもしれませんが、観光の中継地点として利用すると便利だと思います。

えりも町の隣の様似町や広尾町も見どころは多いので、合わせて楽しむと良いでしょう。

関連するまとめ

体験から見学まで韓国の伝統文化に触れる旅に出発!

韓服(ハンボク)、韓屋(ハノク)、キムチなどの韓国伝統文化。韓国の情緒を感じることが出来、外国人観光客にも人…

あり

〖日本有数の絶景の宝庫!〗宮城県の人気観光スポットランキングTOP15

桜、海、紅葉、樹氷、宮城県には四季折々の景色が楽しめるスポットがたくさんあります! 日本人なら一度は訪れたい…

【大阪】定番のお土産がない!?大阪の大量購入向きお土産3選

実は、「これを買っておけばOK」というお土産が少ない大阪。 職場の人たちにも配れる、量が入ったお土産をご紹介…

rbkg

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング