母子手帳の申請

妊娠と診断されたら、市役所や役場などで、母子健康手帳というのをもらいます。赤ちゃん1人につき1冊もらいます。双子の場合は2冊もらいます。
お母さんの具合が悪い場合は、お父さんが妊娠届出書を提示すれば、受け取ることができます。妊娠届出書は病院で書いてもらう場合と、自治体の窓口で自ら書く場合があります。
自治体によっては代理人の身分証明書や印鑑などが必要になることもあるため、事前に何が必要か確認しておいたほうが良いでしょう

母子手帳の使い方

母子健康手帳は、検査などの結果や所見を記載します。ですので、検診の時には必ず病院にもっていくようにしましょう。
外出した場合でも、外出先のトラブルにあったとき、かかりつけ医以外の医師の診察を受けるケースも考えられるので、持ち歩くようにしましょう。
また、子供の予防接種の記録や、罹患した病気なども記載するため、出産後も大切な子供の健康記録になります。
紛失した場合は再発行をすることができますが、大事なものなのでなくさないように管理しておきましょう。

引っ越した場合は

引っ越しした場合でも、内容は全国共通なので新たに取得する必要がありませんが、自治体のルール等があるかもしれませんので、
引っ越し先の市役所や役場の母子保健担当窓口に行って、説明を受けたほうが良いかと思います。

つわりなどが続くと気持ちもあまり上向きません。そんな時に母子手帳をもらうと、ママになる第一歩のような気がして気分も少し変わります。

関連するまとめ

お試しプランを使って脱毛サロンを掛け持ちするメリット

脱毛サロンはひとつのお店だけに通わなければいけないと思っている女性が多いようですが、 掛け持ちするというテク…

女性の味方

始発に飛び込むとは…高崎線 熊谷駅〜籠原駅間で貨物列車による人身事故

熊谷~籠原駅間で発生した人身事故の影響で、高崎線は運転を見合わせていましたが、06:29頃、運転を再開しまし…

re-five

今やキャンプより人気!グランピングの魅力

最近話題のグランピングの魅力についてまとめました。 従来のキャンプと比較していいところを紹介していきたいと思…

CHIE

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング