呑気症

別名『空気嚥下症(くうきえんげしょう)』とも呼ばれる、この呑気症。多量の空気を食事中などに飲み込むことによって、お腹に空気がたまってしまい、お腹が鳴ったり、げっぷが出たり、オナラが出たりします。

詳しい原因は?

先に述べた通り食事をする時に食べ物と一緒に空気まで取り込んでしまうことが原因です。他には、人は意識せず唾液を飲み込みますが、その時にも微量の空気を含んでしまっています。意識をしていないがゆえ、非常に厄介な原因です。
他にはストレスも原因のひとつであると言われています。緊張している時は特に唾液を吞み込む回数が増えますよね。

対策

ストレスが呑気症の最大の原因です。ストレスがストレスを呼ぶ悪循環に陥ってしまいますので、ストレス発散に努めましょう。
他には食事に気を付けるようにしましょう。ラーメンやそば。うどんなど麺類はすすって食べるために、どうしても空気をお取り込みがちです。また、熱いスープやみそ汁もすすって飲みます。あまり勢いよく食べないように心がけましょう。

まとめのことば

いかがでしたでしょうか。普段の何気ない行動が原因となっているだけに厄介な呑気症ですが、だからこそ普段の生活習慣を意識するだけで解消される可能性があります。
今回の記事を参考に、ぜひ気をつけてみてくださいね。

関連するまとめ

あなたの口の臭い、もしかしたら病気が原因かもしれませんよ?

友人と話をしていて、自分でも分かる口の臭い。友達も気づいているだろうと思い、なかなか近づいて話すこともできな…

宗國

もう死語!昔流行った言葉3選!思いだせます?

小さい頃や学生のころに流行った言葉って覚えてますか? まさか、現在で使用されている方はいらっしゃらないと思い…

宗國

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング