地元の土地・友達に詳しくなる

地元の小学校に通うのは皆ご近所さんの子供たちなので、地域の子どもたちとも仲良くなりそのご両親とも顔見知りになることができます。
学校が早く終わった日は約束して遊ぶことも可能です。学校の友達との家の行き来や公園遊びなどで地域のことを知ることもできます。
クラスの友達のお兄ちゃんの友達などどんどん人脈を増やし、地域に根ざした子供に成長することができます。

通学時間が短い

受験した学校に通う場合、学校が近いところにあるとは限りません。電車やバスを乗り継いで通学することになることもあります。
その点、地元の小学校は自宅から一番もしくは二番目くらいには近い小学校になります。急な病気でお迎えが必要になった時も迅速に対応できます。
また、朝は調子が悪かったが遅刻して登校するということも可能ですし、忘れ物を届けることもできます。
登下校の際にトラブルに見舞われる可能性も低くなります。特に女の子の場合には電車・バス内の痴漢に遭遇することはなくなります。

学費がほぼかからない

学校が私立の場合には授業料として毎月2~5万の費用がかかります。その他にもそれぞれの小学校独自の経費や寄付金なども必要となります。
地元であればそれらの費用は0円です。授業料を支払う分を習い事をさせたり、家族でレジャーに出かけたりと他のことにお金を使うことができます。

このように地元には地元の良さもあります。小学校は地元にしておいて中学校受験を検討してみるというのも一つの選択肢かもしれません。

関連するまとめ

子供の自己肯定感を育てるための「誉めかた」が出来てますか?

是非お子さんのいいところをたくさん見つけて、誉めてあげて下さいね。

flower

高校生が、理系難関大学に合格するためのステップ

高校生が、旧帝大等の難関大学に合格するために、具体的にどういったステップを踏んで行けば良いのか、についてまと…

宗國

子どもが全然勉強しない…。どうしたらいいの?

家でちっとも勉強しないお子さんをおもちの方へ。お子さんが自分から机に向かうようになる方法をお教えします。

リカ

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング