食中毒にはどんなものがあるのか

食中毒にはよく聞くところでサルモネラ菌のような細菌性のものと、ノロウイルスのようなウイルス性のものがあります。
症状が比較的軽い場合は自宅での療養でも治まっていくことがありますが、
万が一、何かあってからでは遅いので、病院へ行くのが無難でしょう。

病院へ行く際は、基本的には近所の内科や消火器内科で大丈夫のようです。
そこで必要があれば、より専門的な感染症内科などの治療先を紹介されるかと思います。

検査ってするの?

腹痛の原因となっている菌の培養を含め、結果が判明するまでに非常に時間がかかります。
判明するころには1週間ほど経ってしまうため、患者の申告内容から適切な治療をしていくことがほとんどだそうです。

検査する場合はどんなことするの?

例えば、ノロウイルスの検査には『ノロウイルス抗原検査』という検査があります。
私たち患者の希望では行えず、医師が必要と判断したときのみ行う検査です。
他には『遺伝子増幅法』と呼ばれるものもあり、患者の嘔吐物などから原因を確認していきます。

まとめのことば

症状が酷い場合は自力で病院へ向かうことが難しいので、救急車を呼びましょう。
吐き過ぎたために食道が裂け、吐血してしまうこともあり、素人判断は一番危険ですので注意しましょう。

関連するまとめ

『女性に人気のアボカドは驚くべき美容効果を持っていた!』

“食べる美容液”とも呼ばれるアボカドは、特に女性から人気ですよね。「なんとなく美容に良さそう」というイメージ…

冒険王

今さら人に聞けない・・・酵素ドリンクが人気になったワケ♡

自分に合う酵素を見つけて、楽しくダイエットしちゃいましょう♪

rooms

やせる習慣を身につけよう!ダイエッターの心得3つ【買い物編2】

色々なダイエットを試してはまた挫折、を何度も繰り返していませんか?ダイエットの内容も大事ですが、もっと大事な…

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング