本格的なインドカレーを家で簡単に作ることができたら料理も一段と楽しくなってきますよね。ですが、インドカレーを作るうえで最も難しいのがスパイスではないでしょうか。インドカレーのあのスパイシーな辛さはバランスよく入れられたスパイスによって成り立っていることはわかるでしょうが、何を入れたらどんな効果があるかまでは知らない人が多いと思います。そこで、今回はこれさえ覚えていればスパイスには迷わなくていい、インドカレーに使用する基本的なスパイスを4つ紹介したいと思います。

1.ターメリック 色づけ担当

 ターメリックはカレーの着色スパイスとして使われています。別名ウコンということもあり健康食品としても注目されており、消化作用、新陳代謝を活性化させてくれる働きがあります。

2.クミン 香りづけ担当

インド料理にはなくてはならないスパイスの一つでインドカレー特有のスパイシーな香りを生み出します。健胃・消化促進・解毒・駆風などの効能があり、下痢や腹痛の際にはホールのまま料理に入れます。

3.コリアンダー 香りと旨味担当

独特の風味によってインドカレーに深い旨味を生み出すことができます。カロチンやビタミンが豊富で胃腸の働きを促進し、新陳代謝を活性させる効果があります。

4.レッドペッパー 辛み担当

皆さんも名前を見ればこれに関しては何かわかると思いますが、これを使用することでカレーに辛みを加え売事ができます。成分のカプサイシンは血行を促進させ、体を温める効果もあります。

関連するまとめ

私が、実際に食べてみてオススメしたいお菓子!

わたしが今まで食べてきたお菓子から、オススメしたい商品についてまとめてみました。

まとめマスター

【スイーツ】自分に買って帰りたい!大阪のお土産3選

大阪には美味しい食べ物がたくさん! 自分へのご褒美だけではなく、女性や甘いもの好きな方へのお土産にもぴったり…

mino

甘みと酸味のバランスが抜群のリンゴジャムの作り方

ジャムといったら、いちごジャムやマーマレード、ブルーベリージャムを思い浮かべる方も少なくないのではないでしょ…

mino

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング