「損害賠償」を請求されたら…

ミスをした時によく上司が脅してくる文言です。「良い弁護士がいるから」と言って、いかにも自分らが有利な感じの話をしますが、臆することはございません。仮に裁判になった場合、莫大なお金と時間を要することになり、お仕事に支障をきたします。裁判にかけている時間が会社にあると思いますか?また、判決を決めるのは弁護士ではなく、裁判官です。過去の判例をもとに判決します。ちなみに過去の判例で雇用者が損害賠償を請求できた例は少ないです。

「懲戒解雇」を告げられたら…

辞めさせたい相手に向かってこう言って自己都合退職に追い込もうとしますね。しかし、怯むことはございません。懲戒解雇を決めるのは、実は会社でなく、労働局です。会社が解雇理由書を労働局に提出し、労働局が解雇が妥当だと判断した場合に懲戒解雇が認められます。犯罪級のことでない限り、ほとんど懲戒解雇にはならないらしいので言われたら脅しと思ってください。逆に言われたら先に労働局に連絡しておきましょう。会社が提出する前にガードしておくべきです。

「有給取得」を拒否されたら…

「忙しいから無理!」そんな感じのことを言って取得を認めてくれないケースが多いですが、諦めてはいけません。そもそも有給休暇は会社のものではなく、個人のものです。会社が認めないということはできないのです。それでも、取得を許してくれない場合は、代わり日はいつになるのか問い詰めましょう。会社側が断るには、代わり日を労働者に出さないと法律違反になる可能性もあります。堂々ととることが良き会社へなるすべです。

関連するまとめ

超おススメ!青山学院大学陸上部監督・原晋さんの著書!

2015年の箱根駅伝初優勝から3連覇を達成した青山学院大学ですが、 なんと行っても注目すべきは選手もですが、…

筆人

在庫処分の悩みを抱えている法人が解決する方法

在庫処分の方法などまとめました。きっと解決方法が見つかりますよ!

midorimushi

HSPで今日からあなたもアプリクリエーター!!

今やスマートフォン全盛の時代ですが、アプリの作り手になろうと考える人はまだまだ珍しいと思います。この記事が、…

rbkg

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング