「損害賠償」を請求されたら…

ミスをした時によく上司が脅してくる文言です。「良い弁護士がいるから」と言って、いかにも自分らが有利な感じの話をしますが、臆することはございません。仮に裁判になった場合、莫大なお金と時間を要することになり、お仕事に支障をきたします。裁判にかけている時間が会社にあると思いますか?また、判決を決めるのは弁護士ではなく、裁判官です。過去の判例をもとに判決します。ちなみに過去の判例で雇用者が損害賠償を請求できた例は少ないです。

「懲戒解雇」を告げられたら…

辞めさせたい相手に向かってこう言って自己都合退職に追い込もうとしますね。しかし、怯むことはございません。懲戒解雇を決めるのは、実は会社でなく、労働局です。会社が解雇理由書を労働局に提出し、労働局が解雇が妥当だと判断した場合に懲戒解雇が認められます。犯罪級のことでない限り、ほとんど懲戒解雇にはならないらしいので言われたら脅しと思ってください。逆に言われたら先に労働局に連絡しておきましょう。会社が提出する前にガードしておくべきです。

「有給取得」を拒否されたら…

「忙しいから無理!」そんな感じのことを言って取得を認めてくれないケースが多いですが、諦めてはいけません。そもそも有給休暇は会社のものではなく、個人のものです。会社が認めないということはできないのです。それでも、取得を許してくれない場合は、代わり日はいつになるのか問い詰めましょう。会社側が断るには、代わり日を労働者に出さないと法律違反になる可能性もあります。堂々ととることが良き会社へなるすべです。

関連するまとめ

【WBC】営業で使えるカラテカ入江の接待術【さしすせそ】

高いコミュニケーションスキルを生かして豊富な人脈を築き、講演依頼が殺到しているカラテカ入江の接待術を紹介しま…

大阪のみさぽ

損害保険会社の事務に必要なスキル

専門的な知識や事務処理能力の他にも、基本的なビジネスマナーや会話力そのものが損害保険会社の事務には必要みたい…

flower

『驚き!!』清水富美加の「月給5万円」は本当に安いのか?

芸能ニュース!! 女優・清水富美加(22)が宗教法人「幸福の科学」に出家し、芸能界からの引退を表明したことが…

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング