2006年ドイツ

前回の日韓ワールドカップでの活躍から期待が大きく、メンバーもフランスワールドカップの経験者、中田英寿さん、川口能活さん、ワールドユースで準優勝を収めた小野伸二さん、小笠原満男さん、稲本潤一さん、オリンピック経験者の宮本恒康さんなど豪華な顔ぶれであったことからもグループリーグで対戦するブラジルとどんな勝負をするか楽しみではありましたが、結果は1分2敗。ブラジルにも惨敗するなど、世界との差を改めて痛感させられる大会でもありました。

2010年南アフリカ

2年前にオシム監督から岡田監督に交代し、なかなか結果が出ないまま、本戦に臨むことになり、国民のほとんどが期待をしていませんでしたが、初戦のカメルーンに勝利して勢いに乗ると、オランダには敗れるも0-1の善戦、そして、デンマークに3-1で勝利を収めるなどし、決勝トーナメント進出を果たしました。決勝トーナメントではパラグアイにPK戦で敗れるなどあと1歩まで迫りました。

2014年ブラジル

前回大会の成績から、そのメンバーを中心に構成され、監督には名将ザッケローニを招集するなどし、世界で戦えるレベルになったと思い臨みましたが、初戦のコートジボワールに敗れると、次のギリシャは0-0の引き分けで、グループリーグ突破をかけたコロンビア戦では1-4の惨敗に終わるなど、世界との差が縮まっていないことを痛感させられる結果となりました。開幕前は恵まれたグループと言われていましたが、結果を出せませんでした。

関連するまとめ

フィギュアスケート国別対抗戦、日本が5年ぶり2回目の優勝!

決して楽な展開ではなかった中、日本チームの優勝の立役者3人についてまとめました。

リカ

アジアラグビーチャンピオンシップ。注目の大学生選手

先日開幕したアジアラグビーチャンピオンシップ。 2017シーズン日本代表の初陣に先発出場した二人の大学生選手…

あり

プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ出場への熾烈な戦い

プロ野球のセ・リーグのクライマックスシリーズ出場へ熾烈な戦いをしている、DeNAベイスターズと読売ジャイアン…

宗國

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング