アーティチョークのユダヤ風

油でカラッと揚げたアーティチョークが香ばしい一品です。用意するのは、アーティチョーク、オリーブオイル、塩コショウ、レモンです。作り方は、アーティチョークをガク付きのままオリーブオイルでじっくりと揚げていきます。中まで火が通ったら、塩コショウ、レモンを振りかけて完成です。パリパリの食感とシンプルな味付けが、子供から大人まで喜ばれることでしょう。

アーティチョークのオーブン焼き

表面はパリッとでも中はしっとりとしたオーブン焼きは、前菜やおもてなし料理にピッタリです。用意するのは、アーティチョーク、マッシュルーム、ジャガイモ、塩コショウ、パセリです。作り方は、まず始めにアーティチョークと一口大に切ったジャガイモを下茹でして柔らかくしておきます。次に、オーブンでアーティチョーク、ジャガイモ、マッシュルームを焼いたら、最後に塩コショウ、パセリで味を調えて完成です。アーティチョークだけでも美味しいですが、他の野菜を加えることによって、より見栄えが良くなります。

アーティチョークとタコのオリーブオイル焼き

食べごたえのあるタコと一緒に料理することで、アーティチョークがボリュームアップします。用意するのは、アーティーチョーク、タコ、塩、にんにく、唐辛子、オリーブオイルです。作り方は、まず始めにアーティチョークとタコを一口大に切ります。次に、フライパンにオリーブオイルを熱し、そこにニンニクと唐辛子を入れよく炒めたら、アーティチョークとタコを加えてさらに炒めていきます。最後に塩で味を調えたら完成です。オリーブオイルに素材の味が染み出しているので、バゲットをつけて食べても美味しいですよ。

関連するまとめ

缶詰を使ったお手軽で簡単なレシピ三選をご紹介

たまには、缶詰を使ってお手軽に出来るおかずを作ってみませんか。缶詰で出来る簡単に出来るレシピをご紹介します。

世界の雑学王

【うどん、ごはんはもはや過去の定番だ!】お鍋の新しい〆はコレっ!!

鍋のシメの定番と言ったら、うどんやお米が多いかと思います。ですが、いつも雑炊では飽きてしまいますよね。そこで…

オトコのミカタ

【渋谷エリア】夏バテにならないようにタイ料理を食べて暑い夏も美味しく乗り切ろう

暑い季節がやってきました。これから気を付けたいのはなんといっても夏バテですよね。夏バテで食欲がなくならないた…

rrra

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング