N-BOXスラッシュのスタイル

N-BOXよりも10センチほど低く、窓のサイズが小さくなっていることやドアハンドルが窓枠の位置に移されているクーペのようなスタイル、ツートンカラーが特徴です。2011年モデルのN-BOXカスタムのフロントデザインも設定可能な作りのようですが車のキャラクター的に合わないのかノーマルの初代N-BOXのグリルを変更したデザインとなっています。

N-BOXスラッシュのインテリア

赤いシートにチェカーの模様が入るダイナースタイル、青いラインの入ったグライドスタイルなど6つのシートデザインが用意されています。またオーディオは4つのスピーカーと4つのツィーター、パワーアンプ、サブウーファーからなるサウンドマッピングシステムが設定されています。

N-BOXスラッシュの今後

N-BOXスラッシュのベースとなるN-BOXは2017年8月にフルモデルチェンジを行いますが、それに伴ったフルモデルチェンジに関しては2017年8月現在は発表されていません。N-BOXスラッシュ自体は2015年12月に販売開始されており、フルモデルチェンジが行われるとしてもタイミングはまだ先と考えられるため、欲しい人は新モデルのタイミングを待たずに買って問題ないでしょう。N-BOXの新型は旧型とは外観に共通部品はなく、現行N-BOXスラッシュに部分的に新型N-BOXのデザインや共通部品を取り入れるということはなさそうですが、予防安全装備のグレードアップはあるかもしれません。

関連するまとめ

今見ると先進的にも見えるミニディスクプレーヤー

かつて販売されていたミニディスクプレーヤーの機能やデザインがユニークなものをまとめました。

大阪のみさぽ

中古電車の宝庫 高松琴平電鉄の魅力

香川県高松市を中心に営業する地方私鉄、高松琴平電鉄。 「ことでん」の愛称でも知られるこの鉄道は、関東をはじめ…

峠の425

クロスボーンだけじゃない!長谷川裕一先生のガンダム漫画

『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズで知られる長谷川裕一先生は、他にもいくつかのガンダム漫画を手がけて…

rbkg

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング