早稲田佐賀

2017年の夏に甲子園に初出場した高校で、早稲田の系列なので紺碧の空はもちろんのこと、腕を組んでみんなで大熱唱する姿などいかにも早稲田スタイルでしたが、何よりもかっこいいのは、チャンステーマです。ロッテの応援団の方が作成された応援曲で、聞いてすぐに耳に入ってきて、印象が強く残りました。自分の母校でも扱ってほしいと思うような曲だったので、今後、全国各地に伝染するのではないかと思われるチャンステーマです。

秋田商業

秋田の野球の名門校で、近年ですと2015年に夏の甲子園でべスト8に勝ち進むなど、実績も凄いです。そんな秋田商業の応援も凄く、ブラバンを使った応援スタイルですが、あのタイガーラグを日本で初めて使用した高校ではと言われていて、チャンスになると演奏されるタイガーラグは他の高校よりもリズミカルでノリが良く、長打が出そうな気さえする応援ソングです。

大阪桐蔭

平成になって一番全国優勝の数が多い高校です。実は吹奏楽部も強豪校で、100人を超える部員が甲子園で迫力あるブラバンを奏でます。最新曲を積極に取り入れたりするので今年はどんな曲を応援ソングにしているのか気になる高校でもあります。

関連するまとめ

現代、そして歴代のイケメン力士たちをご紹介します。

19年ぶりの日本出身横綱稀勢の里の誕生に湧く相撲界、相撲好き女子(スージョ)の登場など、相撲人気回復の要因の…

なおさん

活躍しないまま引退してしまったプロ野球選手!

ドラフト上位で指名されてプロ入りするも 活躍できなかった思い出の深いプロ野球選手をまとめました。

茶々子

日ハムの大谷投手の160kmはホームベースまで何秒で届く?

日ハムの大谷投手の160kmはホームベースまで何秒で届く?日ハムの大谷投手はここがすごい!

スポーツマン

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング