パソコンやシステムの話でよく使われる「データベース」という単語。一体どのようなものかまとめてみました。

データベースとは

仕事などで「データベース」という単語を耳にします。データが集まったもの、というのは大体検討はつくかと思います。その通りなのですが、実際にどのようなものなのでしょうか。
最も小さな単位は「項目」や「フィールド」と呼ばれます。Excelでいうとセルと同じもの、とイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。
リンゴは100円という情報を取り扱う場合、フィールド名「品目」には「リンゴ」、フィールド名「価格」に「100」という値(データ)が格納されます。

データベースの成り立ち

データを格納するフィールドがたくさん集まって、1「レコード」となります。Excelでいう1行のイメージです。
1レコードが何レコードもたくさん格納されている入れ物を「テーブル」と呼びます。1テーブルは、Excelでいう1シートのイメージです。
そのシートがたくさん集まって、1つのスキーマ(データベースの種類によって呼び方は異なります)となり、おおよそ1つのシステムの中で使用されるデータを格納する単位が一式そろいます。

データの操作方法

多くのデータベースシステムは、SQLという言語を発行して、データを操作します。
データを取得する場合はselect文、データを追加する場合はinsert文、データを更新する場合はupdate文、データを削除する場合はdelete文、というこの4つがSQL文の基本的な文法となり、これらの文法をマスターすることにより、データベース内のデータを取り扱うことができます。

しかし実際にはSQL文はややこしく複雑になるケースが多くあります。データベース操作でつまづく人はじっくりSQL文を勉強して、自在にデータベースを操作できるようにしましょう。

関連するまとめ

エキストラバイトの申し込み方

好きなドラマがあってそのエキストラに出たい人は、求人募集などを直接確認した方が確実な場合もあります。

flower

メールをビジネスで使用した場合の注意事項(上級編)

メールを送る際に最も気を付けなければならない要素は「宛先」です。どのように気を付ければよいのかをまとめてみま…

リカ

あなたは大丈夫? 職場によくいる嫌われる先輩

4月になり新入社員が入ってきた企業も多いのではないでしょうか。 後輩が出来て初めて先輩になった方、勤続〇年以…

まとめマスター

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング