夏が終わればやって来るのは秋、そして秋は景色に深みの出る季節です。
また気候が涼しくなって、過ごしやすさが増します。
そのため登山をするなら、秋が1番でしょう。
それに秋に山へ行けば、赤や黄色に色付いた葉も眺められますよ。

1.茨城県に有る筑波山なら初心者にオススメ

筑波山はパワースポットにもなっている、茨城県のシンボル的な山です。
紅葉が見れるのは11月上旬から11月中旬で、夜はライトアップされます。
ケーブルカー乗り場の宮脇駅近くが特に美しく、周辺には茶屋も有るためのんびりとくつろぎながら紅葉を楽しめるでしょう。
宮脇駅からケーブルカーで筑波山頂駅まで行き男体山頂と女体山頂を歩き女体山駅からロープウェイでつつじヶ丘駅へ向かうというコースを辿ると、紅葉が鮮やかに見えると初心者でも疲れてにくいです。
ちなみに歩行時間は、40分程になります。
また筑波山にはお土産屋も有るので、ぬいぐるみや小物類を購入して思い出とすると良いでしょう。

2.栃木県と群馬県に有る日光白根山は足湯に入りながら紅葉が見れる

栃木県から群馬県にまたがる日光白根山は、9月下旬から10月下旬までの1ヶ月間紅葉を味わえる山です。
オススメなのは山麓駅から山頂駅へ行き、山頂駅から七色平分岐と白根山頂を通って再び山頂駅を目指すというルートでしょう。
歩行時間は5時間と長いですが、このルートで登山すれば長い時間色とりどりの山々を眺められるのです。
また山麓駅から山頂駅まではロープウェイを使え、山頂駅には足湯は散策路が設けられています。
なのであまり歩きたく無い人は、足湯に浸かりながら山頂駅で紅葉を見るのも良いでしょう。
歩くのも散策路だけなら、そこまで体力は使わないハズです。

東北地方の真ん中に有る栗駒山からは太平洋も見渡せる

栗駒山は宮城県から岩手県までと東北地方の真ん中にそびえ立つ山で、山頂からは太平洋まで見えます。
そのため秋には雄大な海と紅葉のコラボレーションを、存分に堪能出来るでしょう。
特に山が赤々しくなって鮮やかなのは、9月中旬から10月上旬までです。
登山にかかる時間は登りが1時間30分で下りが1時間10分の合計2時間40分、コースはいわかがみ平から中央コースを通って栗駒山へ行くのが主流と言えます。
このコースなら登山開始から、美しい紅葉を眺められるでしょう。
いわかがみ平から既に色とりどりの紅葉を見られるので、栗駒山まで行くのが大変なら中間の中央コースまででも紅葉を見るのなら十分です。

まとめ

東日本を中心に紅葉の綺麗な登山を紹介しましたが、西日本等各地域に鮮やかな紅葉を見られる山が存在しています。
なので上記3つの山までイケ無いのなら、その地方に有る紅葉を眺められる山を登るのがベストでしょう。

関連するまとめ

鎌倉へ行ったらぜったい食べたい!人気ランチ店特集

歴史と文化の街鎌倉。見どころいっぱいの鎌倉は連日観光客で賑わいます。歴史的な寺院も多い街ですがランチスポット…

青い彗星

ゴールデンウィークの渋滞を楽しく乗り切る方法

ゴールデンウィークに必ず発生する渋滞で、楽しく快適に車内で過ごし方を提案し、まとめさせていただきました。

あり

ゴールデンウィークは、意外な穴場スポットが人気です

ゴールデンウィークの行き場所について、まとめてみました。意外な穴場スポット、楽しみ方として遠方エリアがオスス…

ボニー

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング