「さかご」とは

お腹の赤ちゃんは、妊娠の末期になると重い頭を下にする姿勢になるのが通常です。しかし、頭を上にした「骨盤位」とお呼ばれる格好になることがたまにあります。この姿勢のことを「さかご」と呼びます。
さかごの殆どは、出産までに赤ちゃんが自分で反転することで元の頭が下の姿勢に戻ります。用水の量が十分あり、動きやすい27週ごろまでは自然に治る可能性が高いです。
しかし、赤ちゃんが大きくなって、羊水の量も減ってくると、自然に治るのは難しくなるケースが多いです。

治療方法

さかごを直す方法として、さかご体操と呼ばれる体操や、赤ちゃんの背中が上になるように、横を向いて寝る姿勢等があります。病院によっては、逆子を直す鍼灸などもあります。
また、医師や助産師がお腹の上から手を当てて赤ちゃんの姿勢を変える方法に外回転術がありますが、まれに早産などが起こることもあるため、現在ではあまり行われていないようです。

さかごが直らないときは

頭が下になっている場合、一番大きい頭から出てくるため、頭で産道が広がりスムーズに出産が行われますが、逆子の場合は小さい脚などが先に出てくるため、
産道がおもうように広がりません。その為赤ちゃんが途中で挟まって圧迫され、赤ちゃんが危険な状態になることがあります。
そのため、帝王切開となることが多いようです。

しかしながら、これまで妊娠生活を頑張ってきたママさん。さかごであっても十分に乗り越えられます。母子ともに健康に出産を終えるためにも、臆することなく医師とよく相談して出産を迎えましょう。

関連するまとめ

ローン審査のブラックリストとはなにか?

クレジットカードの審査ではブラックにならないよう気をつけましょう。

flower

美人じゃないけど、かわいい!愛され女子になるための3つのポイント

キレイな人やスタイルの良い人は、やっぱり素敵ですよね。 でも、それ以上に大切なのは女性としてのかわいらしさを…

女性の味方

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング