「ソーナンス!」

登場時のセリフがとても印象深い、ソーナンス。
実は、ポケモンシリーズ当初からロケット団にいるわけではありません。
ポケモン金・銀のジョウト編から、ムサシのポケモンになりました。

ジョウト地方。
テルという少年トレーナーは、あるトレーナーとポケモンを交換するはずでした。
しかし、テルがボールを交換機にセットした後、そのトレーナーはドタキャンをしてしまいます。
そんな時、ムサシが交換機にぶつかります!
その弾みで手持ちのベロリガンのボールが交換機に入り、ソーナンスと交換されてしまったという訳。
ムサシにとってソーナンスは「狙ってゲットした」とか「欲しくて手に入れた」ポケモンではなく、
アクシデントに近い形で仲間になった存在なのです。

ソーナンスの得意技は、カウンターとミラーコート。
でも、ムサシが指示するのはいつも「カウンター」のみ。
実は、ソーナンス自らが状況を判断して使い分けているのだとか!
最近では、指示どころか「何とかして」とか「よろしく」なんて言葉で片付けるムサシですが、
そんな時もソーナンスは的確に判断しては、ピカチュウの10万ボルトなどを跳ね返しています。

ムサシにとってなんとも頼もしい存在のソーナンスですが、
ベストウィッシュ(BW)編でいきなり降板となってしまいます。
なんでも「他の地方のポケモンを持ち出してしまうと怪しまれてしまう」と判断したからなのだとか。
その間、ソーナンスはロケット団本部に預けられていたそうですよ。
BW編最終回、ムサシたちと再会したソーナンスはXYで完全復活!
現在に至ります。

しかし、年ぶりにレギュラー入りを果たしたソーナンスですが、今ムサシにはミミッキュが!
ミミッキュが即戦力として加わっているため、ソーナンスは非戦闘員になってしまっていますが、
オープニングに登場したり、ロケット団のみんなと釣りを楽しんでいたりと、
ちゃんとムサシのパートナーとして描かれているます。

陽気で表情豊かな、ソーナンス。これからの彼の動向に注目ですね!

関連するまとめ

水草は意外と伸びやすい!熱帯魚の水槽管理はこまめに

日本でアクアリウムショップで流通している水草のほとんどが「弱酸性」で育ちます。そのため、水質を「弱酸性」にし…

flower

夏うた特集 ~女性シンガー編 90年代~

そろそろ夏本番を迎えようとしています。熱中症や脱水症状を防がないと危ないですね。 その対策として適しているの…

mino

美しい景色を眺めながらしまなみ海道を自転車で走ってみませんか?

瀬戸内海に浮かぶ小島を結ぶ「しまなみ海道」-世界中の人を魅了するその魅力を紹介します。

オトコのミカタ

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング