ラモス瑠緯

Jリーグ発足当時から日本人になったことで有名になった選手です。
引退するまで日本のサッカーを支えた選手と言っても過言ではありません。
トレードマークのロン毛以外に、歯に衣を着せぬ発言と、魂あふれるプレーでファンを魅了しました。
ドーハの悲劇を経験した選手の一人でもあり、現在も解説者などとして日本のサッカーを支えています。

呂比須ワグナー

1997年でワールドカップアジア予選で苦戦している日本代表の救世主として話題になりました。
帰化してすぐに日本代表デビューし、3戦連続ゴールを成し遂げるなど、彼の活躍なしに、
ワールドカップ出場はありえなかったのではと言われています。
フランスワールドカップでは途中出場の形で3戦とも出場しましたが、ゴールは奪えず、
その後は、次の日本代表監督のトルシエさんと対立するなど、晩年は不遇な選手生活になってしまったが、
あのときの活躍は誰もが鮮明に覚えている伝説の救世主です。

三都主・アレサンドロ

2002年のワールドカップ直前に帰化し、すぐに代表入りするもなかなか連携が合わず、
日韓ワールドカップは実力が発揮できないまま終わってしまったが、その後は、
日本の不動のサイド選手として活躍しましたが、ジーコ監督のもとでDF起用され、
ドイツワールドカップでも思うように活躍できずに終わってしまいました。
オシム監督になってやっと本来の攻撃的ポジションを得ましたが、すでに成熟期を超えていたため、
日本代表からも遠ざかりました。日本代表では数少ないサイド突破のできる貴重な選手でした。

関連するまとめ

”NBA”オールスターゲームそしてサタデーナイト!

今年も派手なプレーが続出したNBAのオールスターゲームと、3ポイント・コンテスト、スラムダンク・コンテストな…

日本柔道、無能・篠原前監督の「精神論押し付け」で崩壊から奇跡の復活!井上康生の神指導

柔道は、「柔」(やわら)の術を用いての徳義涵養を目的とした芸道、武道のことです。現代では、その修養に用いられ…

flower

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング