あの「グー」という音は、お腹に入った空気が原因で鳴ります。
ちなみに専門用語で『腹鳴(ふくめい)』と呼ばれています。

胃腸が収縮することによって空気が圧縮。その際に
腹鳴が発生するのです。

また、単に空腹時に鳴るだけでなく、ストレスを受けると腸が反応して
腹鳴が出ることもあります。
場合よっては何か病気や症状を知らせる信号かもしれませんので注意しましょう。

胃炎

暴飲暴食や精神的なストレスが原因で胃が炎症を起こすと、
お腹が鳴ることがあります。
胃炎は急性胃炎や慢性胃炎にも派生する可能性があり、
もっと酷い場合は胃潰瘍・十二指腸潰瘍になることもありますので、
注意すべき点です。

逆流性食道炎

胃酸が食道へ逆流することがありますが、この逆流音が腹鳴として出てきます。
胃と違い、食道は胃酸から身を守る構造になっていません。
そのため、食道内部が炎症してしまいます。
ご飯を食べた後すぐに横になったり、炭酸飲料を飲みすぎると、
胃酸が逆流しやすくなるので気を付けてください。

呑気症

別名『空気嚥下症(くうきえんげしょう) 』とも呼ばれます。
人間は唾液を飲み込むときに僅かではありますが、空気も
飲み込んでしまいます。
その飲み込んだ空気が胃や腸を移動するときに、腹鳴として音が出るのです。
精神的なストレスが原因でも引き起こされ、過敏性腸症候群を同時併発する可能性もありますので、要注意の症状です。

まとめのことば

お腹が鳴ることはできるだけ避けたいことですが、もしかしたら身体からの悲鳴の音かもしれません。
単純な空腹であろうと考えず、あまりに頻繁に腹鳴が鳴る人は病院での診察も考えておきましょう。

関連するまとめ

品のあるヌードカラーを使った春にピッタリのメイク

春服との相性がピッタリなヌードカラーは、春メイクの中核的存在です。そんなヌードカラーを使ったメイクをご紹介し…

ボニー

プロテインダイエットについて

「最近太ったなぁ」「ダイエットしなきゃ」そう考えている方にオススメのダイエット法をご紹介します。

オトコのミカタ

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング