肌に優しい日焼け止めの選び方

種類がたくさんある、日焼け止めですが、どれを選んだらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?勘違いしやすいのは日射しの強さに対抗できる値ではないということです。「日差しが強いからSPF値の高い日焼け止めを使おう」というのは間違いですよ。あくまで目安は太陽の光を浴びる時間です。数値が高ければ高い程、良いというわけではありません。用途に合わせて使い分けが大切です。数値が高い日焼け止めを使いすぎるとお肌への負担になります。

石鹸でしっかりと洗い流せるもの

日焼け止めが肌に残ったままでは、毛穴がつまったり肌荒れの原因になります。UVケアをしたら、そのあとの肌ケアも大切です。「クレンジング不要」などの表示があっても使用する石鹸によっては、洗い流しても肌が水をはじく場合があります。この場合は、日焼け止め成分が残っている可能性があるので、クレンジングを使用すると良いでしょう。

低刺激の日焼け止め

外線散乱剤が配合されている日焼け止めを使うと、乾燥肌の人などはどうしても乾燥しがちになることがあるかと思いますので、肌の保湿や保護に良いと言われる「アロエベラ液汁」、抗炎症作用や肌のキメを整えてくれる「サンシキスミレエキス」などのオーガニック植物成分が主成分になっている日焼け止めを探して使用するのが良いです。

家族みんなでUVケア

いかがでしたか?もしも日焼け止めがナチュラル成分のものやオーガニックのものなら、お子様の肌にも使えて安心です。顔はお化粧の下地やファンデーションで日焼け対策していても、ボディは忘れがちです。お出かけ前にささっと塗りましょう。

関連するまとめ

知らなかった!日焼け止めの表示の正しい知識って?

知らない人も多い、日焼け止めに表示されている数値の正しい意味についてまとめました。

女性の味方

彼氏にひかれる前に、絶対チェックするべき今ドキのムダ毛事情

男性にウワッてひかれてしまう前に、必ずチェックしておきたいムダ毛の対策方法方法

hirohiro

お風呂の温度が高すぎることの問題点とは?

寒い日には熱いお風呂に入ると体が芯から温まるように感じるものですよね。 それに、熱いお風呂に入ると頭がスッキ…

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング