固形石鹸と液体石鹸の違いとは

固形石鹸を溶かせば液体石鹸になるわけではなく、成分の違いによって形状が異なるようです。固形石鹸は、脂肪酸のナトリウム塩を主成分にしています。また液体石鹸は、水に溶けやすい脂肪酸のカリウム塩を主成分にしています。固形石鹸も液体石鹸もpHが弱アルカリ性であることや、洗い上がりがさっぱりする特徴は同じです。

肌への刺激

液体石鹸も固体石鹸も、肌への刺激性はそれほど高くはありません。あえて言うなら脂肪酸ナトリウムのほうがやや低刺激といえます。ですが、原料油脂や配合成分によっても使用感は大きく変わるので、固形か液体かという比較はとても難しいです。

固形石鹸の洗顔をおすすめする理由

固形石鹸で洗顔すると、肌がつっぱる感じがして乾燥しそうなイメージがありますが、むしろ肌本来のもつ自然のクリームを引き出す効果があるそう。お肌の持つ基礎体力をアップさせたいなら、固形石鹸の洗顔がおすすめです。

固形石鹸の上手な泡立て方

もちもちの泡で洗顔したいけど、なかなか難しいです。少し時間がかかりますが、手のひらを使うときめ細かな泡が立てられます。手で泡立てる場合と比較すると、始めは大きい泡が立ちますが、ゆっくり丁寧に泡立てることで、ホイップクリームのようなきめの細かいもっちり泡ができあがります。

良い固形石鹸の選び方

石鹸素地が主成分になっているもの

成分表示を確認して、「石鹸素地」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」が主成分になっているものは比較的安全です。

合成界面活性剤が無添加のもの

合成界面活性剤は、強い洗浄力を持ち、肌が本来持っている必要な潤いまで除去してしまいます。分解されにくい性質のものが多く、環境にも大きな影響が与えるといわれています。多くのボディソープに、合成界面活性剤が含まれています。固形石鹸であっても、この合成界面活性剤が含まれているものがあるのです。成分表をよく確認して選びましょう。

これからは固形石鹸を使ってみてはいかが?

いかがでしたか?もしもお肌の持つ基礎体力をアップさせたいなど思っているのならば固形石鹸をおすすめします。なんといっても固形石鹸は節約にもなるので是非とも使ってみてくださいね。

関連するまとめ

汗が気になる人向けに今日からできる汗の対策をご紹介!

汗が気になる人向けの、今日からできる汗対策を6つ紹介します。汗をおさえる対策や汗をかいてしまった時にできる対…

宗國

顔面神経麻痺(ベル麻痺)のリハビリ方法とは?

誰にでも起こりうる顔面神経麻痺、リハビリは毎日の積み重ねが大切です。 リハビリ方法についてまとめてみました。

専門君

鼻の黒ずみを除去する裏技を教えちゃいましょう!

どんなにスキンケアをしても、鼻の黒ずみを取ることができない人たちに向け、裏技を紹介するコラムです。

女性の味方

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング