あなたはどんな日焼けをしますか?

赤くなる日焼け

紫外線によって真っ赤になり、ヒリヒリと痛くなる症状の日焼けです。色白の人がなりやすく、水膨れになったり、発熱を伴ったりもします。

黒くなる日焼け

色黒の人がなりやすい、黒くなる日焼けです。ヒリヒリとした痛みはないけど、シミ・しわの原因となりやすく注意が必要です。

まずは保湿をする

まずは保湿をします。 日焼けした肌の表面は水分を失っているので、充分に保湿をすることが大切です。 普段使っている化粧水だけを多めに使います。手のひらやコットンで優しく肌に染み込ませてください。 手のひらで顔全体を包んでみてしっとり感を感じるまで行ってください。クリームを持っていたら、その後水分を閉じ込める意味で軽く塗ってください。保湿剤を付け、肌にしみて痛く感じた場合には、もう少し冷やしてみてください。無理に塗り続けると、炎症を悪化させる恐れがあります。

体の中から美白してあげましょう

レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果物や、ブロッコリーやピーマンなどの緑黄色野菜に多く含まれています。果物をジュースにしたり、緑黄色野菜をサッと煮て量を減らして食べるとたくさん食べることができます。また、ビタミンCとビタミンEをいっしょに摂取すると日焼けの肌の回復効果がよくなります。ビタミンEが不足すると、老化色素の合成が促進され、シミやそばかすが増えやすくなりますので、普段から積極的に摂るようにしてください。

睡眠で日焼け後のアフターケア

肌の新陳代謝をスムーズに進め、シミができないようにするために睡眠はとても重要です。睡眠不足だとメラニンが増え、紫外線の影響を受けやすくなるので、「予防」の段階でもしっかりと睡眠をとっておくことは大事なのですが、アフターケアとしても睡眠には大きな効果があります。特に美肌のためのゴールデンタイムである、22時~2時には睡眠を取れるようにして、できる限り睡眠の質を高めるようにしてください。

しっかりとアフターケアをしてあげましょう

いかがでしたか?日焼け後のアフターケアによってはシミ、シワの原因にもなりかねないので、しっかりとケアをしてあげましょうね。

関連するまとめ

ダイエット中の暴飲暴食を防ぎたいならこれがおススメ

ダイエット中にありがちな暴飲暴食を防ぐためにおススメの、腹持ち系フードをご紹介します。

カリスマキュレーター

最近ではあまり使われていない香りが良くてお肌にも優しい固形石鹸の魅力

おろしたての石鹸は幸せの匂いです。近年、スキンケアでも無添加や天然素材のものが注目を集め、固形石鹸が密かなブ…

mino

肩こり解消!簡単で効果的なストレッチ方法とは?

肩こりに効果的で、どんな場所でもすぐにできる簡単なストレッチを3つご紹介します。

暮らし生活の知恵

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング