夏祭りって屋台で食べるのが楽しみの1つ

夏の風物詩といえば「お祭り」です。提灯が綺麗で、人が沢山いて楽しいです。夏祭りって屋台がいっぱいあって美味しそうなものがいっぱい売っています。結構食べにくそうなものも多数あります。気合いを入れて浴衣を着てきたのに、食べてる姿を見て幻滅されたら、せっかくの可愛いチャンスを逃す事になっちゃいます。そこで、食べにくい屋台の食べ物を上手に食べられる方法を予習しておきましょう。

りんご飴

りんご飴って表面に飴がかかっているので固いんです。ナイフで切るわけにもいかないので、もちろん噛み付くしか食べる方法は無いのですが、かじりつき方には注意しましょう。例えば、両手でもって「大きくて食べられない」みたいな感じで食べるのが良いです。りんご飴って意外に可愛さアピールできる食べ物なのかもしれませんよ。

たこ焼き

たこ焼きって美味しいけれど、中がとろっとしているから食べようとすると結構汚くなったりしてしまいます。しかも熱いからポンっと口の中にいれるわけにもいかないです。熱々のたこ焼きが脚についちゃったり浴衣についたりしたら最悪です。そんなたこ焼きには爪楊枝が2本ついてきますよね。爪楊枝が2本ついているのは食べるときにたこ焼きが回転するのを防ぐためなんです。1本ではクルクル回っちゃいますよね。1本だとくるくる回って安定の悪いたこ焼も2本刺すことでしっかり固定できる。食べる時に熱すぎたらちょっとかじって穴を開けてそこから熱を逃がしてあげましょう。

焼きとうもろこし

焼きトウモロコシはお祭り感もあるし、味も絶対美味しいし、屋台の濃いめの味付けがいいですよね。そんな焼きとうもろこしの食べ方はまず粒の列を縦に2列くらい頑張って食べて、その後指の腹を使ってトウモロコシの粒を横に倒しながら取っていくと上手に食べることができます。ですが、最初に1列取るのが難しいんですよね。でも最初の1列2列を頑張って取ればそのあとは指で剥がしていけますよ。

見た目も食べ方も可愛い浴衣ガールへと変身

いかがでしたか?せっかくの夏祭りでがっかりされないように、普段と違ったシチュエーションでも食べ方が綺麗な女子になりましょう。

関連するまとめ

好きだから側にいたい!別れた彼と友達になるには?

彼と別れたけど、まだ好きだから側にいたい、せめて友達のポジションに戻りたい、と考える女性は多いでしょう。今回…

ボニー

年上の男性に好かれるための恋愛テクニック

「年下の女性が年上の男性に好かれるための恋愛テクニックについてまとめています。」

青い彗星

こんなタイプは嫌!思わず女性が引いてしまう男性の特徴とは?

いくらおしゃれであっても、話が合ったとしても、こんな男性の姿を見せられたら引く!と思う3つの特徴をまとめてみ…

青い彗星

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング