黒豆ダイエットの方法

1日に乾燥した状態で30~70gくらいの量を目安に食べます。戻して煮豆はもちろん、料理に加えるなどしましょう。戻すと2倍程度になるので、水煮・調理済みなら60~140g程度が目安になります。炒り大豆なら、そのまま食べる他にも10gを150mlの熱湯でふやかし、黒豆茶として飲み、豆を食べることもできます。

黒豆ダイエットの効果

黒豆の胚芽部分にはたくさんのイソフラボンが含まれています。イソフラボンには強力な抗酸化作用があり、シミやシワなどを改善してくれます。イソフラボンは腸の運動を促進、老廃物を排出してむくみや便秘にも効果があります。おまけの効能としてイソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをし、バストアップにも効果があることが証明されています。

韓国では黒豆ダイエットがブームにもなった

韓国では黒豆ダイエットがブームになりました。黒豆ダイエットを紹介していたのは、チョン・ジュヨンさんという方で黒豆ダイエットを始めたら、105キロだった体重が4カ月で54キロに激減したそうです。本当か疑ってしまうレベルですよね。チョン・ジュヨンさんのような効果が出るかは人それぞれようですが、やる価値はありそうですよ。

黒豆ダイエットのレシピ

黒豆の作り方は黒豆を水で洗ったあと、水に浸して一晩ふやかします。水の量は黒豆の倍以上入れます。ふやかした黒豆を15分くらい蒸し、できあがりです。とっても簡単なのでどなたでもチャレンジできますね。

食事制限せずにダイエット

いかがでしたか?手に入れるのが難しい食材ではなく、とっても簡単にチャレンジできるので是非ともやってみてくださいね。

関連するまとめ

誰もが思う「美人顔」の条件とは

誰もが思う「美人顔」って、どんな顔?目が綺麗、鼻が高いなど、ぱっと思いつくものは幾つかありますよね。自分の顔…

禁煙のすすめ たばこによって起きる健康被害

禁煙を考えている方々に向けて、喫煙によって発生する健康被害やその 原因などを説明します。

Y.Takuto

食事によるメタボリックシンドローム(症候群)予防方法

メタボリックシンドロームはしっかりとした対策をすることで予防することができます。

オトコのミカタ

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング