急にキリスト教の神を信じたり、人前でキスをしなくていい!

キリスト教式の結婚式に参列したことはありますか?十字架と牧師の前で、「神の教えに従い」と愛を誓い、「神が二人を結び付けた」と宣言されますね。
もちろん、二人が(あるいは片方が)クリスチャンなら、それは大きな意味を持つ儀式となることでしょう。
ですが、クリスマスを祝うことこそあれ、特に普段キリスト教を信仰しているわけではないカップルにとって、「(キリスト教の)神が二人を結婚に導いたのです」と言われたり、カタコトの日本語で聖書の文句を丁寧に語り聞かせられたり、イエス様を讃える歌をみんなで歌っても、どこかピンとこないもの。
もちろん、だからといって神道を熱心に信仰しているわけでもない人が大多数だとは思いますが、初詣やおみくじ・お守り、お宮参りや七五三等を通して、幼い時から馴染みがあるのは神社の神様ではないでしょうか。
また、キリスト教式には「誓いのキス」があります。憧れている人も多いかもしれませんが、両親や親戚一同の目の前でキスをし、あまつさえシャッターチャンスとして写真を撮られるなんて……シャイな新郎新婦には案外、心理的なハードル。
神前式には誓いのキスはありません。代わりに、三々九度の盃という、いわば間接キス。
注がれるお酒はごく少量ですが、まったく飲めない人は口を付けるだけでもよく、また、お水に変えてもらうことができる場合もあります。

クラシカルでも、両家・夫婦は対等なもの。

古くからの結婚式って、「嫁取り」とも言われる通り、結婚したら女は相手の家に入って夫や家に尽くすもの、っていう考え方なんでしょ?と思っている方もいるかもしれません。
ですが、神前式で行われる「親族固めの盃」は、その名のとおり、両家が親族として縁を結んだ証となるもの。両家は対等です。
白無垢は「生まれた家の娘としては一度死に、嫁ぎ先の色に染まるという意味」と解説されることがありますが、実際は、白無垢の白、そして色打掛で多く選ばれたり、小物などに用いられる赤には、魔除けや厄除けの意味が込められているもの。
また、誓いの詞や玉串奉奠も、基本的には新郎新婦が同じように二人で行います。
教会式で伝統のあるところだと、誓いの言葉の内容や答え方が夫と妻で違っていたり、神父さんの説教で「妻となるものは、夫を助け常に身を慎んでよく従い~」なんて説かれることもありますが、神前式では神様の教えや、夫/妻のあるべき姿などについて指導や説教をされることはほぼありません。
神前式は、神の前で身を清め、結婚を報告して加護を願うもの。そして、神の前では夫も妻も平等なのです。

指輪交換もできるし、ウェディングドレスだって着られます

そうはいっても、やっぱりウェディングドレスは着たいし、指輪の交換にも憧れる!
大丈夫です。時代に合わせて、神前式に本来なかった指輪の交換も、最近は取り入れられるところが増えてきています。
三方に乗せて巫女さんがうやうやしく持ってきてくれたり、ときには和風のリングピローが用意されていることも。
もし用意されていなくても、完成品や手づくりできるキットも売られているので、自分で持ち込むこともできます。
また、最近はセットのプランで和装と洋装両方を着られるのが一般的。
挙式で着なかった方は、前撮りでチャペルを借りることが出来たり、披露宴で華やかな照明を浴びてより多くの人に見てもらうこともできるんです。
お色直しで真っ白なウェディングドレスに身を包み、バージンロードを模して、父親と腕を組んで会場を歩き、高砂で待つ新郎の元へ……という演出も。
もちろん、そのあと誓いのキスをしてもいいし、父親と新郎が固く握手を交わしたり、肩を組んで写真に納まることも。

古くから伝わる神前式には、こんなに素敵な面がいっぱい。
初詣で手を合わせる時の凛とした気持ちが好きな人、和の装いが好きな人、日本に生まれてよかったと思っている人、キリスト教式の演出がどことなく落ち着かない人など……
少しでも、自分には向いているかも?と思えたら、ぜひ神前式も検討してみてくださいね。

関連するまとめ

彼氏に振られた言葉4つ

付き合っていて振られるパターンとして何となく終わるなと予想がついて振られるパターンと突然、別れを切り出されて…

こんなタイプは嫌!思わず女性が引いてしまう男性の特徴とは?

いくらおしゃれであっても、話が合ったとしても、こんな男性の姿を見せられたら引く!と思う3つの特徴をまとめてみ…

青い彗星

付き合いたい!好きな人がいる男性を振り向かせるテク3つ

好きになった男性には、好きな女性がいただなんて、ほんとにショックですよね。 自分よりも美しかったりすれば、も…

ペニー

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング