認知症と物忘れの違い

人間は誰しもが記憶をすることができますが、年齢を重ねるにつれてその記憶を忘れがちになっていきます。
「あの人の名前がでてこない」という事も、若いころよりも年を取ったときのほうがはるかに多くあります。
これらは物忘れと呼ばれていますが、同じ記憶を忘れる事であっても認知症とは異なります。
認知症の場合は「あの人と会ったことを忘れる」という、名前を忘れるのではなく、「自分が行った経験を忘れる」という違いがあります。

認知症の人にありがちなこと

認知症の人は、罹患する以前と比べると、様々な面で異なります。
急に怒りっぽくなる、財布を自分でどこかに置き忘れて、誰かに盗まれたという、何回も同じことを言う、日常的な生活がだらしなくなる、などです。
これらは認知症の方に多く見られる症状の為、昔と比べてこれらの行動に心当たりがある身内の方がいる場合は、一度診察したほうがよいでしょう。
病院に行くと、認知症かどうかがすぐわかる簡単なテストが行われます。客観的に記憶に関する能力がわかる為、いい結果出ない場合は多少ショックがありますが、
より良い今後の生活を送るためにも、現状の症状をしっかり把握しておく必要があると思います。

認知症の人とつきあうという事

認知症の症状に関しては、軽微なものから重度のものまで様々ですが、多くの場合は本人一人で暮らすことは難しいと思います。
近隣に身内の人が住んでいない場合などは、介護の手続きが必要になってくるかと思います。
周りの人も当人に対して「今まで頑張って生きてきた」事に敬意を忘れず、可能な限り焦らず、怒らず、お世話をしていきましょう。

関連するまとめ

鼻がムズムズ・・・花粉症で苦しむ人に朗報!花粉症対策にワセリンが効く!?

肌の乾燥対策にワセリンを使っていますが、実は、花粉症対策に効くんですね!

midorimushi

自宅にあるもので嫌なコバエを退治する方法!

あったかい季節になるとどこからともなくやってくるコバエ。自宅で出来るコバエ対策をまとめてみました。

暮らし生活の知恵

断捨離してスッキリした生活を維持するコツ!

物を処分する基準は「ときめくか」ではなく「明らかに使う予定があるか」です。

女性の味方

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング