認知症と物忘れの違い

人間は誰しもが記憶をすることができますが、年齢を重ねるにつれてその記憶を忘れがちになっていきます。
「あの人の名前がでてこない」という事も、若いころよりも年を取ったときのほうがはるかに多くあります。
これらは物忘れと呼ばれていますが、同じ記憶を忘れる事であっても認知症とは異なります。
認知症の場合は「あの人と会ったことを忘れる」という、名前を忘れるのではなく、「自分が行った経験を忘れる」という違いがあります。

認知症の人にありがちなこと

認知症の人は、罹患する以前と比べると、様々な面で異なります。
急に怒りっぽくなる、財布を自分でどこかに置き忘れて、誰かに盗まれたという、何回も同じことを言う、日常的な生活がだらしなくなる、などです。
これらは認知症の方に多く見られる症状の為、昔と比べてこれらの行動に心当たりがある身内の方がいる場合は、一度診察したほうがよいでしょう。
病院に行くと、認知症かどうかがすぐわかる簡単なテストが行われます。客観的に記憶に関する能力がわかる為、いい結果出ない場合は多少ショックがありますが、
より良い今後の生活を送るためにも、現状の症状をしっかり把握しておく必要があると思います。

認知症の人とつきあうという事

認知症の症状に関しては、軽微なものから重度のものまで様々ですが、多くの場合は本人一人で暮らすことは難しいと思います。
近隣に身内の人が住んでいない場合などは、介護の手続きが必要になってくるかと思います。
周りの人も当人に対して「今まで頑張って生きてきた」事に敬意を忘れず、可能な限り焦らず、怒らず、お世話をしていきましょう。

関連するまとめ

カーネーションじゃなくてもいいんです!母に送る素敵なお花ベスト3

母の日の贈り物として定番のカーネーション。 でも、それ以外のお花を送りたい!という方も多いのではないでしょう…

専門君

誰からも愛される!~美人が身に着けているマナーとは~

女性として生まれたからには、やはり「美人」でありたいものです。しかし、「美人」とは、ただ顔が綺麗な人のことだ…

重曹は、よく耳にしますが、どんな性質があるの?

重曹でよりよい生活を送りたいあなた、重曹の持つ効果について、知っておくことが重要です。重曹の性質についてまと…

冒険王

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング