外出先でも連絡が取れた革新的機械

このポケベルが登場する以前は町の公衆電話などから連絡を取る必要があったのです。
ただ、このポケベルにも難点があって、文字を送ることができず、数字の組み合わせからメッセージを読み解く必要がありました。また、相手にメッセージが届いたかどうかを判別できないのです。もう、暗号レベルの連絡手段です。現代の若者は特にリアルタイムのつながりを求める時代ですから、相手に届いたか、読んでもらったかと考えてヤキモキする光景が目に浮かびますね。

外出先でも通話ができ、かつ一般大衆向けの価格で手に入った携帯電話

1990年代後半に入ると、携帯電話やPHSと呼ばれたモバイル機器が登場しました。
ポケベルの進化版のメール機能も搭載し、こちらは文字で送受信が可能で、お手紙のような使い方にレベルアップしました。これにより、いつでもどこでも双方向で連絡可能な手段を得ることに成功したのです。
この携帯電話の中でも、初期はモノクロ液晶、中期は画面のバックライトが点灯、工期はカラー液晶と変遷しています。着信メロディーという流行りもありました。初期はオルゴールのようなメロディーしか奏でられなかったわけですが、今聞くと、却って落ち着くような新鮮さすら感じますね。

手のひらサイズのコンピュータ

そして、2010年頃になると、かの有名なApple社から皆さんご存知のiPhoneが登場します。
今では、スマホで仕事ができるくらいに進化し、まるで手のひらコンピュータといったところでしょうか。スマホ一つで買い物ができ、デジカメ並みの高画質で写真が撮れ、様々なアプリケーションを利用して大抵のことが出来るようになりましたね。

まとめのことば

いかがでしたでしょうか。懐かしさと新鮮さの両方の気持ちがあったかと思います。これからもどんどん想像しえない進化を辿っていくであろう連絡手段。皆さんは、これからどんな進化をしてほしいと思いますか?どんな進化をするか見届けるためにも長生きしたいものですね。

関連するまとめ

慣れると簡単!自分でタイヤ交換をするメリットについて

普段は自分でタイヤ交換なんてしたことがないという方へ、タイヤ交換をするメリットについてまとめてみました。

暮らし生活の知恵

そう言えばそんなふうに言われていた世代がありましたね。

あなたは何世代ですか?と聞かれたら答えられますか? 実はユニークなものから変わったものまで世代名って意外とあ…

rrra

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング