GMKに出そこねたバラン

バランは1958年の映画『大怪獣バラン』の主役怪獣であり、その10年後、1968年の『怪獣総進撃』でゴジラと共演しました。「むささび怪獣」の別名のとおり、体の側面についた飛膜を広げて飛行できるのが特徴です。
本来2001年の『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』に登場する予定だったのですが、途中で変更されモスラに出番を奪われてしまいました。

昆虫怪獣の雄、メガロ

1973年に公開された『ゴジラ対メガロ』は、映画としての評価はあまり芳しくないものの、メガロのデザインは中々にかっこいいです。カブトムシとセミを合わせたような見た目で、目は吊り上がっておりいかにも悪役といった風貌。
角から発射されるレーザー殺獣光線、口から吐く地熱ナパーム弾、更に両腕のドリルと武装も豊富です。是非スクリーンに蘇って大暴れして欲しいですね。

昭和ゴジラ最後の敵、チタノザウルス

チタノザウルスは昭和ゴジラシリーズの最終作、1975年の『メカゴジラの逆襲』に登場しました。実在した恐竜にティタノサウルスというのがいますが、まったくの別物です。
チタノザウルスの特徴はヒレ状になっている尾の先端。これを振り回すことで強風を発生させるという珍しい能力を持っています。

関連するまとめ

小学生あるある!小学生の時に遊んでいた懐かしい遊び3選

小学校の時にしか流行らなかった、懐かしの遊びって沢山ありますよね。 今回はそんな懐かしい遊びの中でも思わずあ…

CHIE

3分くらいで見た気になれる『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第11話「決戦!魔導兵団戦…

人気テレビアニメ『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第11話後編のダイジェストです。 内容を実況風にお届けして…

素の人(しろのーと)

今、戦争映画はこう描かれている!2015~17年度戦争映画まとめ

現代戦争映画の中でも、戦場ではなく人物の心情に迫った、15~17年の作品についてまとめました。

茶々子

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング