強靭な顎を持つ捕食者、ティラコレオ

ティラコレオは2400万~5万年前頃まで生きていた有袋類で、フクロライオンとも呼ばれます。
その名の通り肉食性で、体の大きさはヒョウくらい。ネコ科の動物のように爪を出し入れすることができました。大きな牙を持ち、顎の力も相当に強かったようです。一方で走るのは苦手で、待ち伏せして獲物を捕えていたと考えられています。

ディプロトドンは大きなウォンバット?

ディプロトドンは100万~6000年前頃まで生息していた植物食の有袋類です。ウォンバットに似ていますが、肩の高さは約2メートル、頭胴長は約3.3メートルとその大きさは桁違いです。
ティラコレオの獲物のひとつだったかもしれません。

人間が絶滅させたフクロオオカミ

フクロオオカミは、上述の2種に比べるとつい最近まで生きていた有袋類です。オオカミの名の通りの肉食獣で、縞模様があることから別名をタスマニアタイガーと言います。
オーストラリアにヨーロッパ人が入植するようになると家畜を襲う彼らは害獣として駆除されることとなり、1936年に最後の1頭が死にフクロオオカミは地球上からいなくなりました。
しかし、フクロオオカミらしき動物の目撃情報もあり、生き残りがいるという説もあります。本当にどこかで生き残っていたらいいですね。

関連するまとめ

温泉県大分のおすすめの登山旅行はこれだ!

このほかにも11月前後の紅葉が見事な耶馬渓、修験僧が修業を積んだ英彦山、広大なメサ台地の万年山など魅力的な山…

flower

アウトドア派!ゴールデンウィークのおすすめプラン

家族と、友人と、楽しく盛り上がるゴールデンウィークの過ごし方についてまとめました。

まとめマスター

夏は3000mの稜線へ!おすすめの高山を紹介します

夏は毎日真夏日が続き、どこか涼しいところに行きたくなります。それなら3000mの高山がおすすめです。気温は1…

mino

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング