世界中からサーファーやバックパッカーが集うクタ

クタはバリの中でも一番賑やかな場所。波があるビーチで世界中からサーファーやバックパッカーが集い、街には安価なホテルが沢山あります。夜はナイトクラブやバー目当てに若者で賑わいます。他にも大型ショッピングモールや近年ではラグジュアリーホテルも多くなるなど毎年目が離せないエリアです。隣のおしゃれなスミニャックエリアも近いので、クタを拠点にしてバリ島の他のエリアを楽しむのもアリです。バリ島全土は治安は悪いわけではないですが、夜のクタエリアは出歩く際にはスリなどに十分気をつけるべきです。

安心して白砂ビーチを堪能できる観光区域のヌサドゥア

ヌサドゥアエリアはインドネシア政府が30年以上も前にバリ島の観光地化を試みて専用区域を設けて作成した高級リゾートエリアです。ホテルも世界的ラグジュアリーホテルが並び、このエリアに入ってこられる人は限られているため家族連れも安心して海水浴を楽しむことができます。最近はバリ婚やハネムーンで訪れる方も多く、日本人が結婚式を挙げているところに遭遇することもあります。ホテルでのんびりしながら過ごしたり、海のアクティビティを楽しむのがおすすめです。

古くから欧米人に愛されている老舗ビーチのサヌール

サヌールは観光客向けのホテルも多い中、どこか古き良きバリの雰囲気が残っている落ち着いたエリア。バリ島の観光事業はサヌールがメインで始まったとされていますが、今では欧米人の夫婦や家族が静かにリゾートを楽しんでおり、とてもゆったりとした空気に包まれています。海に沿って長く続く道があり、レストランやスパ店を眺めながら散歩するのがおすすめです。サヌールはクタ・スミミャックと異なり、朝日が昇る側なので、早朝から朝ヨガや犬の散歩をしている姿が見られます。クタの喧騒感、ヌサドゥアの高級リゾート感とは違った、バリの良さがここにはあります。

関連するまとめ

沖縄旅行を計画していて、観光も楽しみたい人へ

沖縄ははじめての人も何回か行ってる人もぜひ、見て情報としてインプットしてほしいです。

リカ

華の都パリ!絶対に訪れたいスポットを紹介します!

パリと言えば、今最も人気の旅行先の一つではないでしょうか?そんなパリに行くなら絶対に外せない3つのスポットを…

大阪のみさぽ

高山植物と海の幸に恵まれた礼文島を紹介します

日本で人が住む島では最北端の「礼文島」は、冷涼な気候で平地でも「高山植物」がたくさん咲く花の島です。そして「…

mino

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング