情熱の赤!パワーシンガー「MEIKO」

2004年11月、日本で最初に生まれたのが、赤をイメージカラーとする女声VOCALOIDの「MEIKO」でした。
当時、パソコンで音楽を作る「DTM」は限られた好事家だけの趣味で、ソフトウェアも数百本売れればいい方。また、アマチュア作曲家の大多数は男性で、彼らにとって作った曲を歌ってくれる女性ボーカリストを探すのは難しいことでした。
そこへ登場したのがMEIKO。歌声をイメージしやすいよう、赤い服を着た女性がパッケージに描かれた「彼女」は、当時としては空前の売り上げをヒット。技術的にも、仮装キャラクターイメージを与えるというコンセプトでも、のちの初音ミクに続く基礎となりました。
プロのシンガー「拝郷メイコ」さんによる、力強く情熱溢れる歌声で、設定を変えることでアイドルのような可愛らしい声や、大人の哀愁溢れる声も作り出すことができます。
なので発売当時は年齢不詳でしたが、初音ミクの登場後は大人のお姉さんとしてイメージされることが多く、「豪快でお酒に強い」「現在の初音ミクと同じ16歳の頃はアイドルだった」といったキャラクター像がファンの間で形成されてゆきました。

爽やかな青!歌のお兄さん「KAITO」

2006年2月。次に発売されたのは男声VOCALOIDの「KAITO」でした。しかし、彼は当時、思ったほどの売り上げや知名度をあげることはできませんでした。
理由としては、もともと女性の声より男性の声の方が、VOCALOIDにするのが難しかったこと。それと、やはりアマチュア作曲家は男性が多いため、需要が伸び悩んだことがあげられます。
彼が評価されたのは2008年に発売された「初音ミク」がヒットしてからのこと。キャラクターが一般の視聴者層に浸透するにつれ、初音ミクの「優しいお兄ちゃん」「恋愛ソングの相手役」はたまた「仕事を選ばない(選べない?)コメディリリーフ」として着実に立ち位置を獲得します。また、歌のお兄さんを思わせる優しく素直な歌声と、白いロングコートに青いマフラーをなびかせた爽やかないでたちが、今まではDTMに縁のなかった女性層からも注目を集めるように。
やがてアマチュア作曲家の間でも、デュエットソングの制作やオクターブ下で全体を支える役割として見直されてゆきます。
声の主はベテランスタジオシンガーの「風雅なおと」さん。当時はVOCALOID自体にあまりピンと来ていなかったようですが、今では自分の声から生まれたKAITOを、まるで息子の様に可愛がっている微笑ましい様子がみられるそうです。

今でも、「初音ミク」や続く妹・弟たちを見守って歌い続けている

パソコンソフトの宿命として、OSの切り替えや技術の進化によって時代遅れとなることは避けられません。
例に洩れず、「MEIKO」と「KAITO」も発売から年数がたつにつれ、販売終了やサポート中止が心配されました。
ですが、彼らの声を愛するファンの想いに応えたのか、2013年にKAITO、翌2014年にMEIKOが、次世代に対応したバージョンアップを経てリニューアルしました。
ささやき声など複数の声を使い分け、英語の曲も歌えるように。
また、サポートは終了したものの、初代の製品もまだ出荷は停止されておらず、有志によって現在のOSでも動くよう情報の共有がなされています。
声の主はそれぞれ同じとはいえ、初代の製品(V1)とリニューアル版(V3)では発音や声質が少し異なるため、両方を使い分けるユーザーも多いのだとか。
それぞれ発売10周年の記念に声の提供者を招いたファンイベントが行われたり、単独でのコンピレーションアルバム発売など、活躍の場を広げています。

メーカーから公式に「兄弟である」と設定されているわけではありませんが、機械や車両・船舶等で、同じメーカーの先発型・後発型を兄弟や姉妹になぞらえることは一般に広く行われており、ソフトウェアであるVOCALOIDにも兄弟・姉妹がいても違和感はありません。
今や世界のトップアイドルとなった初音ミク。彼女が生まれ、歩み続けてこられたのは、頼もしい姉と兄の支えがあってのことかもしれません。
また、決して陽の当たる存在とは言えなかった二人も、妹の大ヒットがきっかけで改めて注目され、今日まで歌い続けてこられました。
今度どこかで初音ミクを見かけたら、隣に赤いお姉さんと青いお兄さんがそっと見守っていないかチェックしてみてくださいね!

関連するまとめ

知っていますか? 漫画「ヴォイニッチホテル」の魅力

道満晴明氏の良作群像人間ドラママンガ「ヴォイニッチホテル」の魅力と概要についてお話します。

Y.Takuto

青春を感じることができる懐かしいドラマ3選

もうすぐ甲子園!しかし、青春を感じることが出来るのは甲子園だけではありません。 高校生を対象にしたドラマで存…

rbkg

懐かしいあのクイズ番組【その1】えっ!そんなのあったの!

90年代初頭はクイズ番組がいっぱいありました。 そこで懐かしいクイズ番組をまとめました。

茶々子

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング