三角形のポーズ

サンスクリット語でウッティタトリコナアーサナ。右足(前足)のかかとと左足(後足)のくるぶしが一直線上になるように足を開き、そこから両手を横に広げ、右腕を床に近づけていきます。左腕は天井に向かって伸ばし、目線は天井に向けます。効果としては、脚の強化、ハムストリングのストレッチ、股関節を緩めるなどがあります。上を向くのが辛い方は目線を落として行いましょう。体側の心地良い伸び、普段意識しない脚裏の伸びを感じながら呼吸を続けます。

前屈のポーズ

サンスクリット語でパスチモッタナアーサナです。前屈はとても有名ですが、このポーズは毎日続けると本当に良い効果をもたらします。ヨガの世界でも全ての病気を取り除くと言われるくらい大事なポーズです。坐骨で座るように意識し、背中を一度伸ばして両手を挙げてから、息を吐きながら前方へ倒していきます。足のつま先は天井を向けて、肩がすくまないように注意し、お腹、胸、頭の順に倒れていきます。キツイ人は脚の持てるところを持ち、呼吸を繰り返します。全身のストレッチはもちろんのこと、腸の動きを活性化させ、肝臓や腎臓の働きも刺激してくれます。膵臓の動きも整えるため糖尿病の方にも良いとされています。

チャイルドポーズ

このポーズはヨガではよく一連の流れの合間の休憩に使われるポーズです。正座もしくは膝を開いて座り、両手を前方へ倒していきます。使った腰やお尻の筋肉を気持ちよくストレッチするためリラクゼーション効果の高いポーズです。筋トレなどの運動した後にしてみるとその気持ち良さが実感できるはずです、手からおでこを床につけ、全身脱力し背中からお尻の伸びを感じてみましょう。

毎日取り組んで欲しいヨガのポーズを紹介しました。慣れてきたら呼吸を止めないように注意して、全身の血の巡りを良くしてみてください。今は硬くても毎日続ければ必ず少しずつ柔らかくなっていくのが実感できます。継続あるのみです!

関連するまとめ

「広島県内にあるサイクリングスポット3選」

広島県内にあるサイクリングスポットについて3つ紹介する記事です。瀬戸内海の景色を楽しむことができるサイクリン…

リカ

東京五輪追加競技「空手」って、どんな競技なの?

空手って、素手で戦う攻撃的なイメージがありますよね? 五輪ではどうやって戦って勝敗を決めるのか、疑問に感じて…

sai

時差の気にならないゴールデンウィークこそNBAプレイオフ!

ゴールデンウィークだからこそゆっくり観ることができるNBAのプレイオフについてまとめてみました。

スポーツマン

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング