大阪桐蔭

史上初の2回目の春夏連覇が達成なるかが注目を浴びていますが、
現在の戦力でしたらその可能性は大いにあり、むしろ何かアクシデントが
起きない限りは大阪桐蔭が優勝してしまうのではないかと思えるほどの
実力があるので、一番優勝に近い高校だと思います。

仙台育英

東北勢悲願の全国制覇を目指す高校で、メンバーのほとんどが、
仙台育英秀光中時代に軟式野球で全国を制覇した実績があります。
東北では負けなしの状態なので、うまく実力が発揮されれば
充分に優勝を狙える実力はあるのでぜひ目指してほしいです。

秀岳館

大会直前に鍛治舎巧監督の勇退が決まったこともあり、
なんとしても全国制覇したいという気持ちは強いはずです。
昨年の春と夏、今年の春とすべてベスト4まで勝ち上がっているので
実力は折り紙つきです。初戦の横浜戦でしっかり勝利を収めて
勢いをつけていけば優勝もあり得ると思います。

いかがでしたでしょうか。この3校以外にも有力校はいます。
しかし、なぜか注目すべき点がある高校なので、
こちらの3校でまとめました。

関連するまとめ

マラソンのペースメーカーはなぜ必要なの?

マラソンのペースメーカーはなぜ必要なの?

冒険王

日本人に帰化したサッカー選手!【その1】

2108年のワールドカップ出場するかどうか気になるサッカー日本代表ですが、 じつはこれまでのワールドカップ出…

宗國

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング