東海道五十三次で有名な歌川広重の美術館

那珂川町馬頭広重美術館は、江戸時代の浮世絵師、歌川広重をテーマにした美術館です。建物は、東海道五十三次の「庄野 白雨」をモチーフに建てられました。広重だけではなく、明治時代に活躍した洋画家、川村清雄の作品も展示されています。
館内にはカフェもあり、食事ができるだけではなく、漆器や陶器の展示を見られます。

県境に鎮座するフクロウの神社

鷲子山上神社は栃木県と茨城県の県境に位置しており、本殿や楼門が両方の県の文化財に指定されているという非常に珍しい神社です。
祭神である天日鷲命の使いはフクロウとされており、境内にはフクロウ像が多数設置されています。その中でも一際目を引くのが高さ7メートルの大フクロウで、パワースポットとして知られており県の内外から多くの人が訪れます。カンツバキやアジサイなど、四季折々の花も見られます。

夕陽を眺めながら入れる美人の湯

那珂川町には複数の温泉が存在し、総称して馬頭温泉郷と呼ばれます。
その一つが美人の湯と言われる広瀬温泉で、「ゆりがねの湯」という日帰り入浴施設の利用が可能です。雄大な那須連山を眺めながら入浴でき、夕景も美しいです。

関連するまとめ

日帰り天然温泉 竜泉寺の湯 仙台泉店に行こう!

東北最大級の最新岩盤浴がある日帰り天然温泉、竜泉寺の湯 仙台泉店の魅力をまとめました。

flower

バリ島の地域別魅力!地域によってこんなに違う!?

バリ島といえば世界中から愛されている有名なインドネシアのリゾート。もちろん日本人からの人気も絶大で、年々観光…

宗國

高山植物と海の幸に恵まれた礼文島を紹介します

日本で人が住む島では最北端の「礼文島」は、冷涼な気候で平地でも「高山植物」がたくさん咲く花の島です。そして「…

mino

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング