ゾウよりもでかいサイ

パラケラテリウムは3600万~2400万年前頃に生きていたサイの仲間で、史上最大の陸生哺乳類と言われています。肩の高さは約5.5メートルと現生最大の陸生動物であるアフリカゾウを1メートル以上も上回り、頭胴長は約8メートルとキリンよりも高いです。
角が無く首が長いなど、現在知られているサイのイメージとは異なる姿をしていたようです。

モアを襲っていた?巨大なワシ

ハーストイーグル(ハルパゴルニスワシ)は西暦1500年頃に絶滅したワシで、ニュージーランドに生息していました。その翼長は3メートルにも達します。
同じくニュージーランドに生息していた飛べない巨鳥、モアを襲っていたという説もあります。この説の真偽はともかく、陸生哺乳類がいなかったニュージーランドにおいて生態系の頂点に君臨していたことは間違いないのではないでしょうか。

ホオジロザメの倍もあるサメ

メガロドンは1800万~150万年前頃まで生息していたサメで、最も大きい個体の全長は推定で13~20メートルと言われています。13メートルだったとしてもホオジロザメの2倍はあり、クジラを捕食していたと考えられています。
生存説もあるのですが、仮に生きていたとしても海で遭遇したくはないですね。

関連するまとめ

漢字が苦手な小学生が楽しく覚えられる方法【親御さん必見】

小学生になれば漢字の学習が始まります。一年生は比較的簡単な漢字ばかりで習う数も少ないので、漢字のテストでは1…

ペニー

実は夏にも多くなる?小学生の「おねしょ」

小学生のお子様がいる親御さんの多くが悩む「おねしょ」。これまでおねしょは夏になると良くなり、冬になると逆戻り…

峠の425

【どう使う?】子ども用大きなサイズの紙おむつまとめ

最近、子ども用紙おむつのサイズで「ビッグより大きいサイズ」や「スーパーBIG」といった大きめのサイズを目にす…

あり

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング