ゾウよりもでかいサイ

パラケラテリウムは3600万~2400万年前頃に生きていたサイの仲間で、史上最大の陸生哺乳類と言われています。肩の高さは約5.5メートルと現生最大の陸生動物であるアフリカゾウを1メートル以上も上回り、頭胴長は約8メートルとキリンよりも高いです。
角が無く首が長いなど、現在知られているサイのイメージとは異なる姿をしていたようです。

モアを襲っていた?巨大なワシ

ハーストイーグル(ハルパゴルニスワシ)は西暦1500年頃に絶滅したワシで、ニュージーランドに生息していました。その翼長は3メートルにも達します。
同じくニュージーランドに生息していた飛べない巨鳥、モアを襲っていたという説もあります。この説の真偽はともかく、陸生哺乳類がいなかったニュージーランドにおいて生態系の頂点に君臨していたことは間違いないのではないでしょうか。

ホオジロザメの倍もあるサメ

メガロドンは1800万~150万年前頃まで生息していたサメで、最も大きい個体の全長は推定で13~20メートルと言われています。13メートルだったとしてもホオジロザメの2倍はあり、クジラを捕食していたと考えられています。
生存説もあるのですが、仮に生きていたとしても海で遭遇したくはないですね。

関連するまとめ

赤ちゃんがハイハイを始めたら、安全対策をしましょう

生まれたばかりの頃は寝てばかりだった赤ちゃんも、生後7、8カ月になるとハイハイをして家の中を動き回るようにな…

リカ

【必見!】小学生から始める「トイレトレーニング」

近年、「おむつなし育児」など、早い時期からのおむつはずれが行われるようになってきましたが、実はトイレトレーニ…

峠の425

京都で合格祈願なら北野天満宮で決まり!!

北野天満宮は、地元の人たちには「天神さん」と呼ばれ、多くの人たちに親しまれている神社です。 北野天満宮は、全…

flower

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング