マリリンモンローといえば、真っ赤に塗られた唇、口元のホクロ、モンロー・ウォークと呼ばれた独特な歩き方。それに匹敵するシンボルがデニムおしゃれアイテムとしてはくことはとても革新的なことだった’50年代。モンローはデニムをいち早く取り入れた女性です。      

         

帰らざる河のマリリン・モンロー

帰らざる河のマリリン

帰らざる河のマリリン

深い股丈が60年代風…股上が浅いのが流行の昨今、60年代のシーンズは股上が深いのが特徴! マリリンのジーンズスタイルは、ハイウエスト&フェミニントップス。レーシーなトップスは、ジーンズスタイルをフェミニンに変えてしまっています♡

花柄ブラウスとジーンズ!

花柄ブラウスとジーンズ!

ロバート・ミッチャムと共演しました。小花模様のフェミニンなシャツを合わせるところがマリリン風!

『RIVER OF NO RETURN/邦題;帰らざる河』(1954)でLEVI’S 701XX(701にXXは厳密には付かないし別物だが通称は701XXであり別名モンローパンツ)を履いていたのがそれとされていたりするみたいなのです。『理由なき反抗』J.ディーンよりも先ってコト! アーキュエイト無しが(も?)使われたようですね、

Marilyn Monroe - River of No Return (帰らざる河 / マリリン・モンロー)

出典:YouTube

帰らざる河のカメラテスト

帰らざる河のカメラテスト

帰らざる河カメラテスト? のマリリン!ジーンズファッションながら、小花模様のフェミニンなブラウスが可愛い印象をつくっていますね。ハーフブーツと裾あげファッションもこなれた感じ…今でもコーデに生かせそうですね♡

Gジャンを着たマリリン

Gジャンを着たマリリン!

Gジャンを着たマリリン!


アイコンのデニム・ルック。ご存知のとおり、世界中の人々に愛されている永遠のアイテムです。モスグリーンのGジャンはシック!

こちらもリーバイス701? 映画「荒馬と女」のモンローのファッションは,当然注目されることになりました。当時、まだまだジーンズに対するイメージが「労働着」であったのに、映画の中でモンローがジーンズを穿いたことは若者達にとても大きな影響を与え、ジーンズがその後「労働着」の枠から抜け出して都市に進出していくのにパワーを与えたのでした。

『荒馬と女』のマリリン!

馬に乗ったマリリン

馬に乗ったマリリン

マリリンモンロー荒馬と女の乗馬シーン。
ジーンズは701?

Levi's 701を着たマリリン!

Levi's 701を着たマリリン!

" MARILYN " と名前が付けられたこのデニム。実はマリリンモンローが履いていたLevi's 701というモデルが、デザインモチーフとなっているそうです。

こちらは30代半ばになって出演した映画「荒馬と女」。三つ編みも可愛い。メンズライクな白いシャツにストレートジーンズ、足元はウェスタンブーツ。 露出していないのにとってもセクシーなマリリン。女性らしいボディラインが余計に引き立つ感じ。こちらも定番の組み合わせだけど、カッコ良く着こなすのは案外難しい。

61年の映画『荒馬と女』の劇中で「リーバイス®」のジーンズを穿いているマリリンの姿はスタイリッシュでいてセクシーで、ジーンズの新たな面を見せてくれました。今も昔も、女性たちの憧れの存在です」


ジーンズのネイビーと白のガーリなトップがとってもキュート!




リリン・モンローはリーバイス初の女性向けジーンズ、701を愛用していたことでも有名です。ハイウエストのウエストマークでよりフェミニンなデニムスタイルに。

60年代には初めてのスキニージーンズとなる「ランチパンツ」、70年代にはベルボトム型の「ミス リーバイス」、80年代には女性用の「501」、そして00年代の「スーパーローズ」の登場! このあたりも各時代を象徴するジーンズですね。

白のハイネックのトップとの着こなしは、今の時代にも充分マッチ!

キュートですね! こちらも、ハイウエストのウエストマークです。

実を言えば遡ること2年、マリリンが助演出演した「CLASH BY NIGHT/邦題:熱い夜の疼き」(1952)でJ.C.PENNYの廉価量産モデルなのじゃないかと推察されているジーパンを履いた姿を彼女は披露していたりするのです!
リーバイス以前のジーンズ!

リーバイス以前のジーンズ!

カジュアルな着こなしでも、自然とフェミニンな雰囲気に素敵です。1952での映画で助演しているマリリンのジーンズスタイル! リーバイスより前のスタイル! まだ若いマリリンがいます。

バーベルあげているマリリン!

バーベルあげているマリリン!

バーベルあげているマリリン!

ノーマ・ジーンズの頃のマリリン・モンロー

ジーンズはまだ男性の作業着だった’40年代、マリリン・モンローはファッションアイテムとして愛用。ボーイッシュなストレートデニムをラフにロールアップしてストライプ柄や、バンダナ柄のシャツにコーディネイト!

ストライプのフレンチスリーブのTシャツにブルージーンズのマリリン。これは、リーバイス701の前みたい…。当時、まだまだジーンズに対するイメージが「労働着」であったのに,映画の中でモンローがジーンズを穿いたことは、若者達にとても大きな影響を与え、ジーンズがその後、「労働着」の枠から抜け出して都市に進出していくのにパワーを与えたのでした。

ボーイッシュなマリリン!

ボーイッシュなマリリン!

赤のストライプポロシャツにブルージーンズのマリリン…笑顔がまだあどけないですね♡





カジュアルな着こなしなのにフェミニン。このジーンズは若干ハイウェストでなく、股上が低くなっています。ブラウスは絞って着こなしています。

赤のシャツにフィトするマリリンのジーンズ!

赤のシャツにフィトするマリリンのジーンズ!

マリリンのノーマ・ジーンの頃。ジーンズはまだ男性の作業着だった'40年代、マリリンはファッションアイテムとし活用。ボーイッシュなデニムをラフにロールアップして、バンダナ柄のシャツとコーディネイト!

永遠のマリリンの肖像

永遠のマリリンの肖像

スタンダード・マリリンの画像ですね!

関連するまとめ

柄物のアイテムを合わせる方法3選

柄物はインパクトがあるから苦手、という方は少なくはない思います。 でも、合わせ方や生地を替えてみれば、柄物だ…

女性の味方

魅せるための靴下の履き方3選

靴を履くときに必須アイテムの、靴下を洋服や靴とコーディネートしたらオシャレになります。 そんな靴下を使った魅…

女性の味方

素敵なワンピースを使った女性らしいコーディネートPart3

ワンピースはどんな女性らしく素敵に見せてくれる効果大ですね。そんなワンピースを使ったコーディネートをピックア…

mino

Rapis

美術・デザイン科を終了しましたので、色彩に関心があります。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング