サイズ

旧型は全長4390mm、全幅1880mm、全高1460mmでしたが、新型は4565mm、1875mm、1435mmとなっており、新型のほうが特に全長が長くなっています。前項が低くなっていることもありフォルム的には新型のほうがかなり低く見えます。重量は旧型は1380kgに対し、新型は1390kgとなっています。新型はボディサイズの大型化を考えると軽量化されたとも考えられます。

エンジン

シビックタイプRのエンジンは新型、旧型ともに2.0リッターのVTEC TURBOエンジンを搭載しています。馬力は旧型は310馬力に対し、新型は320馬力にパワーアップしています。ちなみに新旧ともにアイドリングストップシステムを搭載しており、変速機は6速マニュアルです。燃費は旧型は13.0km/l、新型は12.8km/lとなっています。

サスペンション

後輪サスペンションがトーションビーム式サスペンションだった旧型に対し、新型はプラットフォームごと新しくなったこともあり、より高性能なマルチリンク式サスペンションを採用しています。

販売方式

旧型は750台の限定販売でしたが、新型モデルは通年販売となっています。ハッチバックのシビックタイプRでの通年販売は2001年モデル以来です。

旧型モデルは販売台数が少ないこともあってか日本国内では白と黒のみの設定でした。新型モデルは通年販売となったこともあり、白、黒、赤、青の四色が設定されています。

その他、走行モードの追加や荷室スペースの拡大などで新型シビックタイプRは進化しています。

関連するまとめ

今飲む炭酸飲料はこれだ!爽やかさ抜群の3つをご紹介

炭酸飲料は数限りなくありますが、完全なる主観でその中でも特においしいと感じる炭酸飲料を3つご紹介します。

なおさん

ホームページを作成する3通りの方法に関してのまとめ!

ホームページを作ってみたいという人もいるでしょう。ホームページ作成には、いくつか方法があります。ここでは、そ…

なおさん

デジタル化社会を生き抜くには?富士フイルムの戦略に学ぶ

大きく変わるデジタル化時代に生きているわたしたち。これまでの経営方針を大きく変化させた企業からまなべることと…

大阪のみさぽ

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング