マイナス金利なのに投資なんてするの?

マイナス金利なのに投資なんてするの?

最近、金融機関の広告で「NISA」とか「個人型確定拠出年金(iDeCo)」という言葉をよく見かけます。

これは、ザックリといえば様々な税制優遇のアメを提供して、今眠っている国民の現預金を投資に振り向けようということです。

なんといっても、このマイナス金利でも、いまだに運用の50%以上が現預金で、先進国でそんな国は日本だけです。

非課税制度を賢く利用しよう!

非課税制度を賢く利用しよう!

NISAと積立NISA(2018年より実施)は、投資の運用益に約20%の税金が
かからないというものです。

たとえば、積立NISAは40万円/年を20年間合計800万円分の運用益が非課税となります。

また、iDeCoは所得控除や運用益非課税そして退職所得控除の優遇措置があります。

人生も投資も自己責任!!!

人生も投資も自己責任!!!

資金運用において、金融機関のアドバイスを鵜呑みにするのは危険です。
また、保険代理店や不動産会社等のファイナンシャルプランナーもそれぞれのひも付きですので、参考程度にしておくのが賢明です。

もし、独立系のファイナンシャルプランナーが見つかれば、客観的な提案が期待でき一考に値します。

ただ、最終的には命の次に大事な“お金”ですから、あなた任せの他力本願にしないで、様々なネットの情報ツールを利用して、自分なりの投資スタンスを確立してはどうでしょうか。


関連するまとめ

【利用者の方必見!】銀行カードローンの代位弁済って何?返済滞納には注意!

銀行カードローンの申し込み条件を見ると保証会社の保証が受けられる人と書いてあることが多いです。 保証が受けら…

オトコのミカタ

【日雇い】派遣の仕事でしのぐには【低賃金】

派遣という言葉をよく耳にするようになりました。ここではそんな派遣のなかで、特に日雇いに近い形で働く方法につい…

カリスマキュレーター

社会人になる前に!1枚は持っておきたいクレジットカードの魅力

大人であれば、クレジットカードを1枚くらいはもっているでしょう。しかし、大学生など20代前半だと、1枚もまだ…

rrra

関連するキーワード

mattarina

暮らしのアドバイザーです

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング