メリット① 英語漬け

フィリピン留学の一番のメリットは、英語漬けに出来ることです。学校によって多少差は出ますが、多くの学校は1日8時間みっちりと英語の勉強が出来ます。勉強するだけなら日本にいても出来ますが、フィリピン留学の魅力は会話に重点を置いていることです。1対1のレッスンの時間、3対1のレッスンの時間、5人グループの時間というように、授業内容は分かれていたりしますが、どの授業をとっても、会話に力点が置かれているのが特徴です。

メリット② 費用が安い

上述したように、ほぼすべての授業において、会話に力点を置いています。しかし、通常マンツーマンの授業は高額なことが多いです。アメリカの語学留学では一ヶ月20万円で授業は午前中だけなのに、会話の時間がほとんどないと言った状況がよく耳に入ります。フィリピンの場合、1ヶ月10万で1日8時間を会話に費やし、さらに学校によっては寮費食費込みの場合のもあります。

メリット③ 教師は実力派

アメリカに比べて安いということは、教師の質が低いと思われるのも仕方ありません。しかし、フィリピン語学学校で働いている教師の多くは有名大学出身者が多く、看護師の資格を持っている人もいたりします。確かに、地方出身で教育をほとんど受けて来なかった人は、英語がうまくありませんが、そういう人は、語学学校の教師としてそもそも採用されません。なので、値段が安い理由は質が低いからではなく、単に人件費と物価が安いからなのです。

まとめ

これまで3つのメリットを挙げてきました。もちろん、すべての学校が当てはまる訳ではないので、学校を選ぶ際にはしっかりとした下調べが必要ですが、良い学校を見つければ、投資効率はとても高いと言えます。まだ、一度も考えたことない人は、一考の価値あります。

関連するまとめ

公立と私立ではどれくらい学費が違う?差額から考えるべきことは

本当に?こんなに差が?? 公立と私立の学費について

受験に向けて東京の「学問の神様」として有名な「三大神社(関東三天神)」をご紹介!!

合格祈願に行かれる方は、1月中旬から2月末までの間に行かれるとよいでしょう。

flower

日本は遅れている?サイズから見る、世界のおむつ離れ事情

春といえば入園・入学の季節。でも、お母様方は子どものおむつ離れに悩んでおられるかもしれませんね。 だけど、世…

峠の425

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング