まずライフプランを考えよう!

まずライフプランを考えよう!

まず、生命保険の加入を検討する前に、ざっくりとした自分自身の長期のライフプランを想像してみましょう。

就職、結婚、子供、住宅、年金等の自分の未来像をイメージしてみて、どの局面でどのぐらいの生命保険が必要になるのかを検討してみてはいかがでしょうか。

今は、ありあふれる情報がネットで入手できますので、保険セールスレデイのしつこい営業トークは参考程度にしておきましょう。

生命保険の必要性は?

生命保険の必要性は?

そもそも独身であれば生命保険は全く必要がなく、また、既婚者であっても共稼ぎで子供がいなければ、その必要性は低いといえます。

必要とされる優先順位の高いのは、専業主婦の子供のいる家庭です。それも、子供たちが社会人となるまでの期間と考えるのが合理的です。

その際、保険料が割安でクイックレスポンスなネット生保をお勧めします




生命保険の種類は?

生命保険の種類は?

一般的に掛け金は、終身保険よりも収入保障保険、定期保険のほうが安くなります。

そもそも終身保険は、その貯蓄部分の運用を生命保険会社に委託していますが、今となっては、確定拠出型年金やNISA(少額投資非課税制度)を利用することもできます。

要するに、子供が社会人になるまでの間だけ、掛け捨ての生命保険に加入しておくのが賢明といえるでしょう。

関連するキーワード

mattarina

暮らしのアドバイザーです

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング