茶葉は新鮮なものを用意する

使用する茶葉は、できるだけ新鮮なものにしましょう。
茶葉にも鮮度があります。
袋入りや缶入りで未開封状態ならばある程度(消費期限ぐらいまでは)風味を保ちますが、一度開封してしまうと湿気を吸ったり酸化が進んだりして徐々に香りも味も落ちていきます。
購入後、開封した茶葉はなるべく早めに使うのが美味しく飲みきるコツです。
とはいえ、購入した茶葉をすぐに使い切れない場合も多いと思います。
その場合は、なるべく風味を落とさないように保存しましょう。
開封した茶葉は、密封度の高い容器に入れ、直射日光があたらず、湿気の少ない場所にしまうと風味が低下するのを抑えられます。
また、茶葉は他の食品のニオイを吸収しやすい性質を持つため、冷蔵庫などニオイの強いものがある場所にしまうのはなるべく避けましょう。
お茶を入れる際に使用する茶葉の量は1杯2-3g程度ですが、茶葉によって異なります。
茶葉の包装に目安量が書かれている場合もあるので確認しておきましょう。

沸かしたてのお湯でしっかり蒸らす

紅茶を蒸らす為に使用するお湯は、汲みたての水道水を沸かしたものを使います。
紅茶には空気をたくさん含んだ軟水が向いています。
日本の水は軟水なので、汲みたての水道水を沸かすことで、紅茶向きの水が用意できます。
ちなみに、水の中の空気は放置しておくと徐々に抜けていってしまうため、美味しく紅茶を入れたい時は是非汲み置きした水や電気ポットのお湯ではなく、汲みたて沸かしたてのお湯を使用することをおすすめします。
お湯の量は、1杯150ml~160ml程度×人数分になります。
蒸らし時間は、大体2分半-3分です。
使用する茶葉の大きさが細かいほど蒸らし時間が短くなります。
こちらも目安時間が茶葉の包装に書いている場合があるので、そちらを参考にしてみてください。

お茶を入れる前にティーポットを温めておく

紅茶を蒸らす際に使用するティーポットは、あらかじめ温めておきましょう。
紅茶を蒸らす時に大事なのはお湯の温度です。
沸騰したてのお湯を使用して蒸らすことで茶葉の持つ香りや味がしっかり溶けだします。
しかし、ティーポットが冷たいままだと、熱いお湯を注いでもすぐに温度が低下してしまい、十分に風味が出なくなってしまいます。
お湯の温度を下げないように、茶葉やお湯を入れる前に、余っているお湯を入れてポットを温めておきましょう。
また、蒸らし中にティーコジーをポットに被せることで、ポットの温度の低下を防ぐこともできます。

茶葉から美味しい紅茶を入れるためのポイントでしたがいかがでしょうか。
スーパーで購入できる茶葉でも保管に気をつけたり、入れ方に注意したりするだけでいつもより美味しく入れられます。
少し手間がかかりますが、少し贅沢なティータイムを楽しみたい時におすすめです。

関連するまとめ

勝負デートに最適!夜景のキレイな東京のホテルバー特集

窓からはキラキラと光り輝く夜景を見ながらお酒を楽しむ。きっと素敵な時間が過ごせることは間違いありません!今回…

gmkchoko

【革命】モスとマクドナルドのコラボ! モスバーガーにフィレオフィッシュのソースをかけ…

モスバーガーは日本を代表する世界的に有名なハンバーガーレストランだ。ふかふかのパンにジューシーなパティ、そし…

50年を経て世界へ進出! 滋賀県発「ちゃんぽん亭」のあゆみ

ハワイにあるアラモニアショッピングセンターに12月9日オープンする「ちゃんぽん亭」。記念すべき初の海外店舗に…

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング