アセスルファムKは、なんと砂糖(ショ糖)の200倍の甘さを持ちます。
それでいて、0キロカロリー!
アスパルテームよりも安く手に入れられるため、飲料からお菓子まで幅広く使われています。
少し苦味はありますが、アスパムテームなど他の甘味料と混ぜると違和感がなくなるんだそうです。

アセスルファムKには、塩化メチレン(ジクロロメタン)という物質が含まれています。
これは、体内で消化することができない物質で、
呼吸器や皮膚から体内に吸収されると高い確率で発ガンすると言われています。
また、発がん性の危険があるということから世界的に使用が禁止になった「チクロ」と
分子構造がとても似ているのも気になるところ。
ひとつの食品から体内に摂取されるのは微量でも、長期的に続けると危険であることは確かです。

また、アセスルファムKは体内では消化できません!
分子がとても小さく、腸から吸収されたアセスルファムKは「異物」として血管内に入り、
体中をめぐります。そして、肝臓に運ばれ、尿として排出されるのです。
そう、アセスルファムKはエネルギーになれないんです。
体が受け付けない物質なんですね!
尿として排出されるから大丈夫!といった印象を受けますが、この循環は肝臓や腎臓への
負担がとても大きいのだそうです。
動物実験では、肝機能障害の数値が増加し、リンパ球の数も減少したという結果も出ています。

アセスルファムKの危険性は、それだけではありません。
血糖値が上昇し、すい臓からのインスリンが分泌されるという結果も報告されています。
糖尿病を抱えている方や予備軍の方は、ダイエット飲料だからと安易に手に取るのは控えたほうが良さそうです。

代謝を担う腎臓や排出を担う腎臓に大きな負担をかける、アセスルファムK。
リンパ機能を弱めるだけでなく、ホルモンや免疫システムまで乱す恐れがあります。
食品添加物として認定されたのは、ごく最近。
詳しい実験結果も少ないことから、安全だと謳う専門化が多いのも事実です。

アセスルファムK、みなさんだったら摂取しますか?控えますか?

関連するまとめ

「幸せホルモン」で毎日の生活をもっと幸せに!

「幸せホルモン」とよばれる脳内物質、セロトニンをご存じでしょうか。 セロトニンを正常に分泌させることによって…

あり

備えあれば憂いなし!保険を準備したほうが良い人の特徴や気にしておきたいこと

今や70%もの人が加入している医療保険。 今回は、医療保険に加入する必要性や、医療保険にはいったほうがいい人…

rbkg

破産しても保護されること

自分で思っている借金額よりも、ずっと低い金額だったり、まったく「ゼロ」という事も。自己破産する人の中には、消…

flower

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング